netgeek

0

タダ飯をもらうためにSubwayに毎日来る犬

netgeek 2020年1月17日
 

ある日、ニューメキシコ州のSubwayに思わぬお客さんがやってきた。その日を堺にそのお客さんは毎日やってくるようになる。

お利口に待っている。

入り口の前で待っているのは野良犬とみられる通称「サブウェイサリー」。ここ1年もの間、毎晩やってきており、従業員たちはせっせとご飯をあげている。残念ながら従業員の誰も家に受け入れることはできないが、せめてできる限りのことはしてあげたいという思いをもっている。

Subwayで働く男性はいつもの様子をTik Tok(kxnuko)にアップし、人気を博した。サリーは稀に従業員が食べ物をあげるのが遅れると、通りの向かいにあるタコベル(Taco Bell)など他の店におねだりに行っているようだった。

動画はTik Tokで拡散され、お利口に待つ姿が可愛いと話題になった。

しかし中には体があまりにも綺麗すぎるうえに痩せていないことから「野良犬ではない」と見る人もいる。もしかすると近所で飼われており、夜に散歩がてら飲食店巡りをしている食いしん坊な犬なのではないか。

気になるのはこの従業員が罰せられないかということだ。あげているのは廃棄処分の材料かもしれないが、それでも店の食べ物を勝手に野良犬にあげる行為は許されるのだろうか?そんな心配を消すかのようにSubway公式Twitterはこんなリプライを寄せた。

「Subwayサリーは私達の夢を叶えました」

どうやら会社として認めているようで安心した。

現在、サリーには複数の里親候補が名乗り出ている。本当に野良犬なのであれば、近いうちに快適な家を手に入れられるだろう。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!