netgeek

0

「甘ーい!」イチゴの美味しさに驚きを隠しきれないハムスター

netgeek 2020年1月13日
 

あまり表情が変わらないハムスターも実はよく観察すると微妙な変化で感情を知ることができる。一つの事例を紹介したい。

イチゴをプレゼントしてみた。

果たしてどんな味なのか緊張の一瞬。

ハムスター「甘ーい!」完全に喋っているように見えるから面白い。

写っているのはキンクマハムスターのおでん。イチゴがずいぶんとお気に召したようで嬉しい限り。

がぶがぶ。

イチゴの妖精に変身した。

出典:https://twitter.com/hamuhamustar924/status/1216037039193198592

撮影:べーーやん @hamuhamustar924

なおネット上の情報によると「ハムスターの味覚は味の違いをしっかりと識別でき、苦味と酸味は苦手」とのこと。やはり甘いものがお気に入りなのだろう。

しかし飼い主によると一緒に飼っている他のハムスターにはいちごに興味を示さない者もいるという。結局は人間と同じように好みの問題ということだろうか。

こちらは長毛ハムスターのれお。

ジャンガリアンのそらお。

ケージ外のお散歩はドキドキ。不安そう。

わお!ご馳走を見つけたよ!

こそ泥みたいなポーズ。

やはり何かを食べているときが可愛い。前足を器用に使うことができる。

なんだこれは!?未知との遭遇。

飼い主も食事タイム。雪見だいふくいただきまーす。

SNOWで猫に反応するスタンプ使ってみた。ハムスターにも適用可能なようだ。

ハムダ珈琲。コーヒーを頼むとひまわりの種がついてくる。

ハムスター「いらっしゃいませー!かき氷やってるよー」

3匹のハムスターと暮らす日常はとても楽しそうで羨ましい。飼い主さんにはまた可愛い写真を披露してほしい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!