netgeek

3

リンガーハットの大盛りにクレームをつけた高橋名人、これは高橋名人が正しい気がする

netgeek 2019年10月31日
 

ゲームの16連射で有名な高橋名人がリンガーハットで思わぬトラブルにあったとブログを書いた。その真相を巡ってネット上で話題になっている。

これは大盛りではないと思う。

この日、皿うどんが食べたくなった高橋名人はリンガーハットに行き、「野菜たっぷり皿うどん 麺増量」(935円)を注文した。だがいつもの見た目と違い、量が少ないように思える。

もしかして麺が押しやられてしまったのかと思い、箸をすすめるも、やはりこれは増量ではないと確信。店員を呼んだところ、外国人のスタッフが「これは麺増量です」と断言した。

これまでずっと麺増量を注文し続けている高橋名人は「麺増量なら高さが5cm以上になるはず」と言い返し、そうこうしているうちに別の日本人スタッフが来た。

結局作り直すということになり、再び来たのがこちら。なるほど全然違う。

念のためにリンガーハットの同じメニューをGoogle検索で調べたところ、やはり同じような豪華な見た目がたくさん投稿されているのが見つかった。

TwitterやInstagramでも同じ。リンガーハットの麺増量は常にこういうものらしい。

冒頭の1枚目と2枚目とでは撮っている角度が違うものの、やはり1枚目は大盛りではなくスタッフが勘違いしていたのだろう。

高橋名人はリンガーハットが大好きで出禁にされると困るのであまり意見は言わないように気をつけているとのこと。

飲食店にクレームがつけられる場合はたいてい客側が間違っていることが多いが、今回は客が正しいという稀な事例であった。高橋名人はスタッフよりもリンガーハットについて詳しいのかもしれない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (3)

  1. 元タイ駐在員 2019年11月1日 at 6:20 PM

    俺も海外駐在員やってた時に、こういう事をやられた事が何回もある。普通盛りと大盛りを持ち帰り弁当で注文したんだが、袋に入ってるのは普通盛り2つなので店員に、間違えてると伝えた。

    そしたら店員は、「あっ!」って顔を一瞬した後に、「あー、作り直し面倒くせえ」ってダルそうな顔した後に、少し考え込んでから、1つの方のフタに書いてあった「Mサイズ」を線で消して、「Lサイズ」と書き直した。そして「書き間違えただけ」だと開き直った。もちろん両方とも中身は「普通盛り(Mサイズ)」だった。外国人はこういう事を平気でやる。

    他の店では食事にGが入ってたから騒がずそっと店員のおばちゃん呼んで「あのう、Gが入ってりんですが…」と伝えたら、おばちゃんは何事も無かったかの様にそのGをひょいと指でつまみ出して、「ハイ、もう入ってないよ」と皿を返して来た…。いや、俺が言いたいのはGが入ってるという「状況説明」ではないんだよ。交換なり何なりしてくれって事なんだよ。

     
  2. >飲食店にクレームがつけられる場合はたいてい客側が間違っていることが多いが、

    嫌な決め付けだよね、不愉快

     
  3. 客側が間違ってるって何を根拠にそんな事が言えるのかこの記事書いた奴怖い

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!