netgeek

1

カップルがセルフ建築で作り上げた家が素晴らしい

netgeek 2019年9月23日
 

Zach BothさんとNicole Lopezさんは自分たちで理想の家を作り上げてしまった。

1年かかってようやく完成。

建築にあたっては友人と家族の協力も得て、週末の時間を費やした。内装もこだわっている。

場所はポートランドの都心部から20分ほど離れた郊外。2人の家はとてものどかな場所にある。

家の中で最もお気に入りなのは天井部分。美しい天井と植物が見えるところが素敵だ。

しかし建築までの道のりは長かった。ここからは家ができるまでを時系列で紹介していきたい。

「場所を視察した1日目。辺りにブラックベリーをたくさん栽培しようと決めました」

建築にあたっては近代的な家をできるだけ安く作ることを目標にし、最終的に内装も含めて65,000ドル(約700万円)で済む計算に。

まずはワシントンからドアを運んで設置した。これが建築の第一歩となった。

続いて梁を設置する。

大まかな枠組みができた。なんだかサーカス小屋みたいな雰囲気。

内部のデザインはこうだ。ベッドが高いロフト部分にあるのが特徴。円形の家というのは珍しい。

「家の建築を自分たちでやるのはかなり困難だということは理解していました」

なんとか形になった。暖炉もある。

風呂はプライバシーが守られる場所にするよう意識した。

ベッド部分。

家の中を土や砂で汚したくないということで植物はダミーのものを使うことにした。

そして出来上がったのがこれ。素晴らしい。

2人で住むには十分広い。

暖炉もばっちり。

仕事場所もあり。大きなホワイトボードがあって使い勝手が良さそう。

キッチンにはスイカもあり。「あ、このスイカは私達が育てたものじゃないよ(笑)」

ベッドにははしごで登る。

ディズニーの世界のようだ。

「私達は初めてセルフ建築したわけではないし、最後というわけでもない。これからも多くの人がセルフ建築に挑戦するでしょう」

Zach BothさんとNicole Lopezさんは現在、セルフ建築のノウハウをウェブ上で公開している。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

  1. 基礎とか大丈夫なんかね?
    台風や強風でも平気なんかね?
    地震にはそれなりに強そうな感じ?

    うーん 住んでみたいと思うけれど、耐久性に不安だな。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!