netgeek

0

親のいない子猫、犬と猫が代理ママになった

netgeek 2019年6月13日
 

ある一匹の猫が愛を求めてシェルターにやってきたところ、犬と猫が助けの手を差し伸べた。

トラ猫のナラはひとりぼっちだった。

3ヶ月前、一匹の小さな猫が生まれたばかりの状態で見つけられ、ワシントンにあるSCRAPSという動物保護サービスに引き取られた。野良猫は母親がいると生き延びて成長する確率が高い。ひとまずシェルターでは代理ママを割り当てることになった。

白羽の矢が立ったのはちょうど9匹の子猫を子育て中だったが、現在は4匹しか生き残っていない猫のマディー。ナラに合わせるとすんなりと受けいれ、子育てを始めた。

ジェイミー・マイヤーズ「マディーはすぐに毛づくろいを始め、愛情を示し始めました」

仲間の子猫たちともうまくやっており、じゃれて遊ぶ姿もみられた。

もっとも、ナラはみんなよりも一回り体が小さく、他の子猫が里親を探し始めたのにナラだけは置いてけぼりだった。

マディーの子育てが終わりつつあるタイミングで新たなママを探すことに。

次の候補は子育て中のママ犬イジーだった。幸いにもすんなりと受け入れてくれた。

「イジーは積極的にナラを受け入れ、ナラもまた自分から仲間に入っていきました。目を瞑れば同じ仲間であり、猫と犬の違いは気にしていないようでした」

ナラは数週間、子犬と一緒に過ごした。互いに匂いをかぎ、くっついて眠る。本当の兄弟のようだった。

ナラはゆっくりと成長して大きくなっていく。

体重が2ポンドに達した頃、子犬を飼っている家に里親が見つかった。

今ではシェルターを卒業し、新しい家で幸せに暮らしている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!