netgeek

0

1いいねが1円になるソーシャルメディア「Poplle(ポップル)」を使ってみた

netgeek 2019年6月4日
 

ソーシャルメディアで遊んでいるだけでお金が儲かる。そんな夢のようなSNSが登場したと聞き、早速試しに使ってみた。

意外とザクザク貯まる。

まずはダウンロード画面から。iPhone版とアンドロイド版があり、評判はけっこうよさそう。アイコンは10代女子が好みそうなデザインだ。

ウェブ版はないので1つのスマホで1つのアカウントしか作れない。今回はnetgeek動物アカウントを作ってみた。雰囲気はInstagramにそっくり。

注目してほしいのは右上のいいね数。Poplleでは最低500円から引き出し可能だ。500いいねを超えてから「交換はこちら」というリンクが表示されるようになった。

下部中央のボタンを押すと画像アップ画面に。アップしたあとに文章とタグを入れて完了。

懸念点は画質が荒くなること。サーバー負担を減らすためにわざと画質を落としているのだろうが、動物の毛並みは特に粗さが目立つ。

Instagramとの違いはコメント欄がないことだ。いいねを押すことしかできないのでアンチコメントがなく、非常に平和。また、実は自分が押したいいねも1円分にカウントされるため、ユーザーが互いに得する仕組みができあがっている。ただし、いいねが押せるのは1日30回のみ。

銀行振込の流れ。一応、本人確認が必要とのこと。

SMSで端末確認があり、セブン銀行で出金か銀行振込の2種類が選べる仕組みだった。この後さらに免許証などで本人確認が必要になる。

…ということでどうやら本当にいいねがお金になりそう。500いいね(円)貯めた感想としては、フォロワーさえ増やせばアンケートやポイントサイトをちまちまとやるより楽に儲かるという印象。何より楽しみながらできる点が嬉しい。

Poplleを提供するのは株式会社リクポ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木崎智之)。渋谷にあるベンチャー企業のようだ。

ただ気になるのは本当に1いいね1円を配る仕組みが成り立つのかということ。新たなソーシャルメディアの形としては面白いが、会社が資金を使い果たしてサービス終了ということも考えられる。Twitterもマネタイズがうまくいかず、相当な赤字を出して身売りを検討した時期があった。

おそらくPoplleはこれから機能を増やしていき、有料会員制度や企業広告を織り交ぜていくのだろう。日本初のソーシャルメディアとしてはmixiに次ぐ大当たりになるかもしれない。TSU(スー)やMastodon(マストドン)が失敗しつつもTikTokが盛り上がる今、期待が集まる。

netgeekでは様子をみつつしばらくは更新を続けていきたいと思っている。あなたもPoplleに興味が湧いたらぜひnetgeek動物(@netgeekAnimal)をフォローしてほしい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!