netgeek

0

GoogleがHuaweiをブラックリストに追加。Androidサポート中止へ

netgeek 2019年5月20日
 

スパイ疑惑も持ち上がり、信用性が疑われている中国のHuawei(ファーウェイ)について、Googleが一部取引を停止すると決定したことが分かった。

Huaweiにとっては死活問題。

米商務省は5月16日にブラックリストにファーウェイと関連68社を追加しており、今回Googleもその動きに追従する形となった。これからHuaweiのスマホやタブレット端末はアンドロイドのアップデート、Gmail、Google Playストア、YouTubeが使えなくなる。

一部では「中国では百度(バイドゥ)や騰訊控股(テンセント・ホールディングス)などが高いシェアを占めており、Googleに締め出されても影響は限定的」と分析する見方もあるが、アプリがアップデートできないというのは致命的だ。これからHuaweiの端末を選ぶ人は激減し、撤退を余儀なくされるだろう。

▼4月に新モデルが登場したばかりのファーウェイのスマートウォッチ。

この動きに対し中国はどう出るか?法的対応を取るか、それとも独自OSの開発に乗り出すか…。ファーウェイの任正非CEOは「アメリカからの撤退はあり得る」とのみ話している。

いずれにせよファーウェイに対する悲観論は広がっており、他の選択肢がたくさんある中で消費者がわざわざファーウェイを選ぶ理由はどこにもない。

他方で鳩山由紀夫氏はファーウェイ支持。

以前から日本は米国ではなく中国と仲良くすべきだと主張していた鳩山由紀夫氏は今もなおファーウェイを擁護する姿勢をとっている。注目すべきはリプライ欄に書き込まれている大量の非難の声。鳩山由紀夫氏の考えはいつも独特で大衆の共感を得ない傾向にある。

中国の王毅外相は「アメリカは中国企業の正常な経営を圧迫している」と強く抗議する声明を公表しており、今後は米中間の貿易摩擦がさらに悪化する恐れがある。

【追記】

Googleによるとファーウェイの既存製品ではGoogle Playストアなどが引き続き使えるとのこと。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!