netgeek

3

中国の2種類のヘルメット、作業員用と監督用をぶつけてみたら…

netgeek 2019年4月24日
 

ネット上に投稿されたある一本の動画が日本では信じがたいことだと話題になっている。まず大きな前提として中国では2種類のヘルメットがあるのだという。

興味深い実験。

映っているのは黄色いヘルメットを被った男性。これから面白い実験を見せてくれるのだという。

見た目は色以外は特に変わりのない2つのヘルメット。強度を確認するためにこの2つをぶつけてみると…。

なんと黄色いヘルメットが割れてしまった。非常に薄いプラスチックでできており、安心して頭を守れるものではない。

一方で赤いヘルメットは非常に丈夫。これは主に現場のリーダーや監督、現場を視察しに来る中国共産党の役人らが身につけるものなのだという。

全て赤いヘルメットにしてほしいところだが、コストを安く抑えるために黄色いペラペラヘルメットも使われているということなのだろう。

急速に経済を発展させる中国は同時に大きな病巣を抱えている。ヘルメットの強度実験から深刻な問題が垣間見えた。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (3)

  1. 市販の簡易マスクだけで作業してる職員に対しフルアーマーの官房長官
    日本もそんな暗黒の時代がありましたね

     
  2. バイクのヘルメットをハンマーで殴って比べる動画もあったな
    片方はハンマーが跳ね返されるけどもう片方はハンマー貫通してた

     
  3. この後、当局の圧力介入で話を書き換えられたって所まで掘り下げて貰いたかったな

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!