netgeek

3

上念司 VS 朝日新聞の鮫島浩 上念司の舌鋒が鋭すぎて圧勝だと話題に

netgeek 2019年3月27日
 

Abema newsに経済評論家の上念司氏と朝日新聞の鮫島浩が同時出演し、議論を交わす場面があった。注目の対決は上念司氏の圧勝だった。

切り返しが強すぎる。

注目シーンを3つ紹介したい。鮫島浩記者は東京新聞の望月衣塑子記者を高く評価しているらしく、その仕事のやり方を褒めた。

鮫島浩記者の主張まとめ

・昔は記者は政治家のところまで情報を取りに行っていた

・今の時代は情報発信者に情報が集まる

・望月衣塑子記者は有名になった

・たくさんの情報が集まっていると思う

・新しい仕事のやり方だ

言っていることは一理あるかもしれない。しかし、隣に座っていた上念司氏は一瞬で場の雰囲気を一転させた。

上念司氏の主張まとめ

・望月衣塑子記者って週刊誌とかから情報を集めてる人でしょ?

・「菅官房長官、週刊誌に書いてあったんですけど」って言う人

・ジャーナリストと呼べないような人だと思う

頭のキレが半端ない。望月衣塑子記者の仕事のやり方を瞬殺してしまった。これに対し鮫島浩記者は特に反論することもできず黙ったまま。どちらが勝ったかは明白だった。

上念司氏の怒涛の攻撃は止まらない。

(1)関西生コンやJOC、電通の問題を報じない朝日新聞はジャーナリズムじゃないと批判。鮫島浩記者は黙ったまま。

(2)鮫島浩記者が持ち上げた望月衣塑子記者を追加で全否定。

(3)「朝日新聞は土下座して廃刊してからやり直すべき」

放送を観た人は「上念司氏が強すぎて鮫島浩記者が喋れなくなっていた」と総括した。鮫島浩記者で無言でニヤニヤしながら何を考えていたのだろうか…。

あわせて読みたい→【炎上】朝日新聞の鮫島浩「安倍政権は嘘ばかりだからレーダー照射も嘘だ」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 反論しない相手に言い逃げして偉そうにしてただけのマスゴミ連中が上念氏と討論なんて出来るわけない
    笑ってごまかすのが精一杯なんでしょう

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!