netgeek

4

「安倍総理の4期目もあり得る」 二階幹事長の発言に期待が集まる

netgeek 2019年3月13日
 

2021年9月までの任期となっている安倍総理について、二階幹事長が「延期することもできる」と断言した。こうした方針はふさわしい後任がいないことが背景にある。

「連続3期まで」というルールを壊す。

二階幹事長は安倍総理にずいぶんと期待しているようだ。自民党の党則を変えてでも続投を望む。

ただしこれはあくまで二階幹事長個人の意見であり、自民党には後釜を狙う石破茂議員もいる。自民党としては国民からの支持を集められる者をトップに据えたいことは間違いない。

当の安倍総理本人はさすがに4期目は長いとして譲るつもりのようだが、党内で後任がいないとなると話は別。北朝鮮の拉致問題も解決していないので、状況によっては安倍総理が心変わりする可能性もある。

数字について疑う見方もあるとはいえアベノミクスで結果を出した安倍総理に4期目を願う国民は多いだろう。現状でうまくいっているのだから下手に変化を起こすのは怖いという心境もある。

netgeekではアンケートを実施中。

やはり多くの人が安倍総理に期待していることが分かる。強いプレッシャーとストレスがかかる重責なので10年を超えて続けるのは大変だとは思うが、4期も成し遂げたら歴史に残る偉業となるに違いない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (4)

  1. 安部さん以上にできそうな人いないし。
    安部さんを批判する人も多いけど、
    「じゃあ誰がいい?」
    と問い返せば、みな、一様に答えに詰まる。

     
  2. 呑気な国民だなぁ…
    他に代わりが居ないのは分かるが、それだけ無能な議員が多数を占めてるって事。
    首相が誤った判断をしても正せる人間が居ないしそっちの未来が怖いわ。
    現野党の大半と70歳以上の老人と比例代表制は不要。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!