netgeek

3

文在寅大統領が日本に歩み寄るも、有本香「約束を守れない人とは友情を築けるはずがない」

netgeek 2019年3月3日
 

韓国の文在寅大統領が2019年の年初スピーチで珍しく日本に歩み寄る発言を行った。問題は山積みで一つも解決していないのに、どういうことなのか…。

高まる反日感情と困惑する文在寅大統領。

まずは昨年の紹介から。文在寅大統領は2018年のスピーチで日本を強く非難する言葉を使った。

この問題スピーチについて日本政府が抗議したのは言うまでもない。

その後の文在寅大統領の仕事っぷりを見ていると国のトップでありながら国民の顔色を見て動き、リーダーシップを発揮しないことが多いという印象。本当は火器管制レーダー照射問題も国会議長の天皇謝罪要求も韓国に非があると気づいているのに、体面が悪いから謝ることができないのだ。

せめて日韓友好に向けて前向きな意見を発しないと…。今年のスピーチからはそんな思いが透けて見えた。

去年とは打って変わって日本と親しくなりたいという意思を表明している。外交姿勢が180度変わっているのは驚きだ。

さて、このスピーチ内容について有本香氏は冷静沈着に論評を述べた。

有本香氏の主張まとめ

・VTRでは「反日がトーンダウンした」と紹介されたが本質的には変わっていない

・約束を守らない人とは友情を築けるはずがない

・取引もできない

・日本政府も同じ考えだと思う

・米朝首脳会談は日本とアメリカが協力して制裁圧力をかけたから実現した

・韓国・文在寅大統領の手柄ではない

・安倍総理は日朝首脳会談を視野に入れている

理路整然と韓国を突き放しており痛快。自衛隊員をロックオンした騒動以降、韓国に対する日本の世論は著しく厳しいものになり、今や経済制裁を希望する声すらあがっている。そのような状況でいくら韓国が歩み寄ろうとも「信用できない」というのが本音であろう。

韓国がまずすべきことは自らの非を認めて謝罪すること。きちんと正しい順番を踏んでからでないと溝は埋まらない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (3)

  1. 自称被害者のでっちあげた苦しみを韓国政府だけで責任を持って癒し、韓国政府が誠意をもって日本国・日本国民に謝罪し、旭日旗を冷静に迎え、天皇陛下への言及をやめないかぎり、日本国と韓国との友好は、ありえない。韓国は自己の責任を直視しなさい。

     
  2. >外交姿勢が180度変わっているのは驚きだ。

    力を合わせて被害者の苦痛を癒やす?
    結局一方的に日本が歩み寄れってことだし何も変わってないじゃんね

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!