netgeek

6

鳩山由紀夫「北海道地震は二酸化炭素の人工地震だ!人災だ!!!」

netgeek 2019年2月22日
 

2月21日に起きた震度6弱、マグニチュード5.5の北海道地震について鳩山由紀夫氏が奇妙な説を唱えている。

謎の陰謀論を唱える。

CCS(二酸化炭素の貯留)というのは大気中の二酸化炭素を集めて地中などに封じ込めることを意味する。

鳩山由紀夫氏は北海道大学の見解「日本ではCCSによる地震は非現実的」という考えを紹介しながらも、それでも陰謀論を展開。日本政府は認めなくとも、CCSを中止すべきだと主張している。

▼CCSの図解。

鳩山由紀夫氏の思考は暴走し、ついには今回の北海道地震は人災だと決めつけてしまった。

可能性を示唆するのはいいが、根拠がないのはまずい。ネット上では「これが元総理大臣の投稿というのは嘆かわしい」と大変話題になった。

近年の鳩山由紀夫氏の評価はすこぶる悪く、おかしな言行が目立っている。

ただ、調べたところ、米スタンフォード大学の研究では「岩石に大量のCO2を注入すると地震が起きる可能性が高い」とレポートにまとめられたことがあると分かった。

参考:二酸化炭素貯留に地震を引き起こすリスク、米研究

しかしそれにしても「CSSによる人災と呼ばざるを得ない」という断定調は強く言い過ぎであり、国民に不必要な混乱を引き起こす原因となる。人工地震という眉唾ものの説を唱えるならそれなりの証拠を提示してからにしてほしいものだ。

続き→【速報】北海道警察が鳩山由紀夫の人工地震説をデマと認定

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. タイミングが合っただけで、根拠も無いのに、ほら見ろみたいな感じで誇らしげに持論展開するのはおかしい
    地震があって良かったとか思ってるんじゃないか?あの人

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!