netgeek

9

明石市長のパワハラ暴言、マスコミがカットした部分を読むと印象が180度変わる

腹BLACK 2019年1月30日
 

兵庫県明石市の泉房穂(ふさほ)市長(55)が用地買収にあたり、担当者に暴言を吐いたことがパワハラだと騒ぎになっている。だが、騒動の全貌を知れば印象は180度変わる。

人の命がかかっているのに担当者が7年間放置していた。

出典:https://twitter.com/tomoti39/status/1090175122848108544

簡潔なまとめ。

(1)明石駅前交差点は幅が狭く、事故が多発していた

(2)市民が巻き込まれて亡くなる事故も起きた

(3)明石市は周囲の土地を買収して拡張工事することに

(4)ところが1軒だけ交渉が7年間も放置されていた

(5)担当者「詳細な買収金額の提示すらしていませんでした」

(6)市長「2011年から何をしていたんだ!火をつけて捕まってしまえ!損害賠償自分で負え!辞表出しても許さん」

(7)市長「担当者が行っても駄目なら私が土下座する!人が死んでるんでしょ。市民の安全のためでしょ」

マスコミは泉房穂市長が過激な暴言を吐いたところのみを繰り返し紹介しているが、最後の部分は全くと言っていいほど報じられていない。すでに謝罪した泉房穂市長もこの点は不満だったようで、後援会のTwitterを通してマスコミに報じられていない部分を書き起こして投稿した。

▼事故が多発する交差点。道が急に狭くなっており、渋滞と事故がよく起きていた。

▼そこで青色の部分を買収して拡張工事をする計画だった。

▼書き起こし。

▼主にテレビなどのマスコミに報じられなかった部分。市長が市民の安全のために土下座すると熱く語っている。

録音された音声は実は2017年のもの。2年前の音声がなぜこのタイミングで出てきたかは不思議だが、録音していたのはおそらく担当者だろう。仕事をせずに放置していたのだから怒られるのは当たり前。それを承知の上で録音してマスコミに流したと思われる。

なお工事についてはこのやりとりがあった翌月に交渉がまとまり、現在は計画が進められている。

人の命がかかっている状況で交渉が7年も進められていなかったのだから市長が激怒するのは当たり前。暴言の中に不適切な発言があったことは確かだが、悪いのは担当者だと思う。

続き→明石市長を盗聴録音したのは叱られた職員ではなかった。市長をはめて得するのは誰なのか?

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (9)

  1. 発言は適切ではない。それは確か。
    でも、仕事ませずに怒られてパワハラーって言うやつ俺の周りにもいてるけど、勘違いしすぎやって思うわ。
    仕事ちゃんとしてたら怒られてへんねんって。

     
  2. マスゴミが取り上げてる時点で「(パワハラ)これが全てではないな」って思ってる

     
  3. 権力のある人間(この場合は市長)を(理由は何でもいいから)「叩く」事が格好いいと思い込んでいる、頭の悪い人間がマスコミにいる限り、こういう事は日常茶飯事。
    ネットの普及で、嘘がバレるようになったのは非常にいいことだと思う。

     
  4. 担当者に問題があり、上司である市長が腹が立ったのは理解できた。
    だからといってこのような言葉遣いを職場ですることは正当化できないと思う

     
  5. 税金から給料を貰って仕事しないで遊んでたんだから明石の人間は怒っていい

     
  6. とおりすがり 2019年1月31日 at 2:39 AM

    市長の「担当者は7年間も何もしていなかった」との発言を、新聞もテレビもそのまま事実として扱っていますが、本当にそうなのでしょうか?
    全戸買収が予定よりも遅れていたのは確かなようですが、さすがに「交渉にすら入っていなかった」というのは不自然に思えます。
    そうこう思っていたら、神戸新聞が次のように記事にしていました。

    市幹部、土地買収「怠慢ではない」 明石市長暴言
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201901/0012023915.shtml

    他にも「東洋経済」の記事に参考になる読者コメントが掲載されていたので転載しておきます。
    https://toyokeizai.net/articles/-/263062

    Q:なんで価格提示しなかったの?
    A:正式な価格提示をしていなかっただけで、概算は提示していた。
    用地買収に対する補償金には補償金に対する税の特例があるが、正式な価格提示をした後6か月以内に売るという条件がある。実務的には、先に概算(補償金の下3桁を丸めたとかいうレベル)を提示し、同意を得たら正式な価格提示→買収という流れをとることがある。今回正式な価格提示から実際の買収の間が短かったのはこのため。

    Q:正式な価格提示すりゃいいじゃん。
    A:予算がつくか不明なところに正式な価格提示をするのはリスクがでかい。仮に予算がつかず、今年度買えませんとかなった場合、地権者が1000万近く余計に税金を払うことになる。

    Q:納得してもらえないのであれば、金を上積みすればいいねん。市長が言ったみたいに。
    A:昔はそうだったが、結果全国的にごね得を招き、反社勢力が介入するなど買収に時間がかかるようになった。そのため、全国・地域統一の基準が作られるようになり、まともな自治体であればこの基準をもとに補償金は算定する。特に、国からの補助が入る事業では、適正に補償金が算定されているかチェックされるため、この市長が言うような上積みはできない。

    転載はここまでです。
    どうも市長の理解が不十分だっただけのようですね。

     
  7. 職員が仕事をしているかいないかは兎も角、上に立つ市長の発言はパワハラと受け取られても仕方がないもの。いくら何でも擁護は出来ない

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!