netgeek

14

職場のヒゲ禁止でマイナス評価は人権侵害。大阪地裁の判決に賛否両論

netgeek 2019年1月17日
 

大阪市市営地下鉄の運転士2人が、ヒゲを剃らなかったことで人事評価が下がったのは不当だとして訴訟を起こした件について、大阪地裁は人格的利益を侵害するものとして44万円の支払いを命じた。

身だしなみルールとして橋下徹市長(当時)が定めた。

会見を開いたのは運転士の河野英司さん。見ての通り口ヒゲと顎ヒゲを生やしているが、これが問題視された。

※当時もこの長さだったかは不明

もともと橋下徹市長の支配下にあった大阪市交通局は身だしなみのルールとしてヒゲを禁止するルールを設け、これに従わない者は人事評価をマイナス評価とした。

このマイナス評価について、河野英司さんは人権侵害で不当なものだと訴訟を起こした。普通の人なら職場のルールに素直に従うと思うのだが…。

結局、大阪地検は主張を認めた。ただ、これは「職場のヒゲ禁止ルールが違法」というわけではなく「ヒゲ禁止で人事評価を減点するのが違法」という趣旨だと思われる。

しかしネット上ではこの判決に賛否両論が飛び交っている。バス運転手という接客も含まれる仕事だけに身だしなみを整えるルールは必要ではないか。整えられた短いヒゲならまだ不快感はないかもしれないが、線引きは難しく、まとめて「ヒゲ禁止」とするほうが分かりやすいのもまた事実だ。

なお、市営地下鉄は2018年4月に民営化された際にヒゲ禁止のルールがなくなり、運転士2人は現在はヒゲを生やして勤務している。

もしかすると今回の判決は今後、一般企業や学校にも影響を与えるかもしれない。面倒なことになる前に身だしなみに関するルールを見直すという組織は少なくないはずだ。

一方で吉村市長は控訴すると宣言。

当時の大阪市は公務員の規律が取れておらず、橋下徹市長が厳しい引き締めに踏み切ったというのは有名な話。身だしなみルールもその一環で市民のために設けられたのだから正当性はある。

果たしてヒゲがアウトなのかどうかは人によって判断が分かれるので難しいところ。これから控訴で逆転するという可能性も十分にあるだろう。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (14)

  1. だからって守らなくていい事にはならない。
    アメリカの決めた憲法を守らなくていいと言ってるのと同じ。
    嫌なら戦わなければいけない事はアホでもわかる事。

     
  2. 確かに規則である以上は守る事は必要でしょうね

    ただ、身嗜みやマナーを守るべきと主張される場合は「アホ」のような他者を罵倒する言葉を使う事と矛盾します
    マナーや身嗜みを守るべきと言うのであれば、ご自身もそのような言葉は使うべきではないと思います
    そうでなければ、説得力に欠けます

    個人的には、他者の自由を奪いすぎる事には反対です
    ルールは決まってしまった以上守るべきでしょうけど、人間である以上は個人の自由は尊重されるべきです

    身嗜みは大事で整える事は良い事ですが、それはあくまでも本人の品性の問題であり強要すべきだとは思いません
    自由を奪い見た目の統一を図るというのは、共産主義的な発想です
    だからと言って仕事の時に好きな格好ばかりすれば良いという事ではないですが、ヒゲの有無によって人間の評価が成されるというのはまさに共産主義のようなおかしな論理がまかり通っている状態だと思います

    それに、他者の自由を制限しても良いという人は、理屈として他者から自由を制限されても文句は言えない、という事にもなりますからね
    自分の立場を不利にする理屈なので、個人的には反対です

     
  3. 原告団体組織の掲げていた横断幕の文言
    まるで大阪維新に敵対する団体が入ってるみたいで
    何だか胡散臭と思ってしまいます

     
  4. サービス業は身だしなみ必須。
    子供の頭でも理解できること。
    イヤなら転職すればいい。

     
  5. サービス業だからね。個人経営なら好きにすれば良いけど会社に属してるんだし。
    個人のポリシー許してたら、スキンヘッドやタトゥーに鼻ピアスと好き放題になってしまうよ。
    鬱陶しい化粧もマナーだと思って我慢してる私も、自由なら喜んでスッピンになるよ。

    でもお客さん商売なんだから、少しでも好印象持たれる努力は必要。
    髭くらいって思うだろうけど、不潔感感じる人だっているんだからさ。

     
  6. 不潔に感じる人もいると言うのであれば、髪の毛やその他なんでも言えてしまいますよね
    少数でもいればそれに合わせて窮屈な社会を作る、という姿勢が本当に良いのでしょうか?

    別にお客さんが運転手のヒゲに触るわけでもないですし、ちゃんと整えていれば問題ないと思いますけどね
    無精ひげなら理解できますけどね

    それにこの記事の争点としてはあくまでもヒゲを理由にした会社側の評価が不当か否かであって、サービス業だから正当だという話ではありません

    そして結果としてはそういった評価基準が不当だという判決になった事も事実です

    逆に言えば、この司法判断があったからと言って身嗜みを整えなくてもいいという事にはなりませんが、あくまでも「運転士のヒゲがある事を理由に評価を下げる」という判断は間違っていたという司法判断がされた、という話でしかありませんね

     
  7. だから裁判して戦って、勝ったんでしょw
    金髪禁止とかはわかるがヒゲ禁止はさすがにキツすぎるルールだと思うけどな

     
  8. その時戦えって言いたかったんだけど言葉足らずですまん。
    その時からの裁判の判決が今ならばそれもすまん。
    でもやりたい事やって後から訂正を求めるのは愚の骨頂。

     
  9. もえるななしさん 2019年1月18日 at 4:19 PM

    じゃあ大阪地裁はバスの運転手がマイク・タイソンみたいに顔に刺青しててもいいと考えてるのか?
    個人の人権なんて、無制限に守るべきものではないよ。
    大切なのは自由主義(人権含む)・平等主義・保守主義・友愛主義を同時に満たすこと。自由主義だけ守ってればいい訳じゃない。

     
  10. 相変わらず、酷い書き方。
    何より「橋下徹市長の支配下にあった大阪市交通局」って何?市営交通は橋下氏の所有物ちゃうわ!

     
  11. 大阪地裁が言っているのは、あくまでも憲法にある自由裁量権から逸脱しているかどうかでの判決であり、個人の人権を無制限に守るべきとは言っておりませんよ

    控訴されているのでもしかしたらこの判決が覆る可能性もありますが、上でも申し上げました通り、この判決があるからと言って身嗜みを整えなくてもいいというわけではありませんよ

     
  12. アメリカに住んでたけどスクールバスはヒゲの運転手だったよ。店員なんかは相当高級ホテルでない限りタトゥーも当たり前。ここは日本だ!って言うやついるけど、俺が言ってるのは民主主義国家および先進国としてここまでガチガチなのはおかしいんじゃないか、前時代的なんじゃないかって話。
    北朝鮮と欧米を両極端とするなら、日本は北朝鮮寄りだよ。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!