netgeek

5

2回目の日韓協議、韓国はレーダーの電波情報を出さず逆ギレ

netgeek 2019年1月15日
 

火器管制レーダー照射問題について1月14日に2回目となる日韓協議が開かれた。韓国がレーダーの電波情報を公開せず、進展はなかった。

なぜか日本に逆ギレして批判してきた。

話し合いはシンガポールで開かれた。日本は記録した電波情報と韓国駆逐艦の電波情報を同時に公開して照らし合わせようと提案したが、韓国はこれを拒否。日本だけが韓国に提出するように求めた。

だが、日本だけが先に出してしまうと韓国駆逐艦の電波情報をすり替えられる恐れがある。韓国は絶対にいかさまで言い逃れを図るだろう。

協議後、韓国国防省の報道官は日本の交渉姿勢を強く批判した。

事実関係を確認するために電波情報を互いに公開しようとしただけなのに、ここまで言われる筋合いはない。韓国はやましいことがないのならさっさと電波情報を公開してはどうか。火器管制レーダーの照射があったかどうかは、それではっきりするだろう。

岩屋防衛大臣は「残念」とコメント。

また同時に「大事なことは日韓関係でこういうことが起こらないようにすること。現時点では韓国と話し合いを断つつもりはない」と話した。確たる証拠を突きつけても言い逃れする韓国にはやはり経済制裁を加えるしかないのではないか。

その際、アメリカなどの他国の協力も得ると効果的だろう。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (5)

  1. こうなると
    最終的に軍事監視衛星からの証拠画像とかの公開もあり得ますかね…

    なるべくそうならないように
    韓国海軍は早々に謝罪した方が自国の利益になると思うと思うのですが

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!