netgeek

1

ファーウェイ、iPhone投稿問題で担当者を降格・減給処分

腹BLACK 2019年1月4日
 

新年の挨拶をiPhoneから投稿して炎上したファーウェイ公式Twitterアカウントについて、担当者であるファーウェイの社員が処分を受けることが分かった。

前回の記事:Huaweiの新年の挨拶、iPhoneからの投稿とバレて初笑い

実は外注だった。

マスコミの取材に対し、ファーウェイは次のように説明している

・ソーシャルメディアの運用はサービス企業Sapient社に外注していた

・当時、VPNネットワークの問題でPCでTwitterに接続できなかった

・新年の挨拶をタイミングよくしたい

・iPhoneに香港のSIMカードを使って投稿した

この説明が本当だとするとSapient社の人間がプライベートでiPhoneを使っていたということになり、話はさほどおかしくはない。あくまで偶発的なミスで起きた問題であり、担当者の責任などではないだろう。

だが、ファーウェイは炎上騒動について誰かに責任をとらせたいのか、厳しい処分を与えた。社内の責任者1人とデジタルマーケティングチームの管理者に対し、1段階の降格と5,000元(約7万8,615円)の減給処分を下したのだ。

ファーウェイは「管理が行き届いていなかった」と言うが、担当者がいくら気をつけていても防げるミスではなく、理不尽さを感じる。消費者に直にブランド力が伝わるメーカーなのだからもっと世間のイメージを気にしてはどうか。

iPhone投稿騒動はすでに騒ぎが収まりつつあったのに、この処分で再びニュースになってしまった。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. なんでこんなに器がちっちゃいのかねえ?

    面子? いやこういうのはただの「虚栄心」だよ。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!