netgeek

3

【速報】韓国がレーダー照射の反論映像を公開へ

腹BLACK 2019年1月3日
 

「海上自衛隊のP1哨戒機が韓国駆逐艦に対し低空飛行で威嚇してきた」と主張している韓国。近いうちに反論映像を公開すると宣言した。

前回の記事:【炎上】韓国国防省「低空飛行した日本に謝罪を要求する」

日本の映像公開に対抗。

韓国国防省報道官は1月3日の記者会見にて、日本の主張は事実無根だと改めて指摘。そのうえで韓国の主張を盛り込んだ映像を公開すると説明した。現在作成中で、準備が整い次第、速やかにHPで公開する。

ただし、この映像には日本が公開したような現場の光景は含まれておらず、肝心の哨戒機も映っていないという。実際に低空飛行していた証拠を見せるというわけではないので、おそらく反論のポイントをまとめただけの映像だろう。

日本が確たる証拠を出し、追加の証拠も隠し持っているのに対し、韓国は証拠を提示できない。その理由は言わずもがなだろう。カメラで撮影したという写真も韓国側に不利な証拠になるから公開できないに決まっている。

韓国は現在「近接した自衛隊は駆逐艦への神風攻撃が可能な距離だった」と主張し、低空飛行の威嚇について謝罪を要求している。元々謝られるべきは日本なのに、なぜ立場が逆転しているのか。

加害者が急に被害者面するというのはよくあることだが、それを国レベルでやってしまうというのは信じられない。

韓国の動きに対し、山田宏防衛政務官は次のように反論している。

日本の世論はすでに「一向に非を認めない韓国には制裁が必要」という考えに傾き始めている。自衛隊員の命が危険に晒されたのだから有耶無耶にすることなくしっかりけじめをつけることが大事だ。

おまけ。

韓国の証言を元にして日本人がつくった再現画像。

出典:https://twitter.com/na7nagi/status/1080413992693035008

防衛省が公開した映像とずいぶん違うようだが…。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 韓国証言の再現画像は韓国側に利用されるので削除してください。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!