netgeek

1

【炎上】ファーウェイ擁護のモーニングショー、ファーウェイのCMを流していた

netgeek 2018年12月27日
 

情報管理の安全性が疑われるHUAWEI(ファーウェイ)についてモーニングショー(テレビ朝日)が不自然な擁護を行う中で、ファーウェイのCMを流していたことが分かった。

放送を観ている人が一斉にツッコミを入れる。

残念ながら動画は入手できなかったが、キャプチャ画像と複数人の証言が手に入った。時系列で紹介していきたい。

8:34、羽鳥慎一モーニングショーはファーウェイの話題を大々的に取り上げた。パネルに孟晩舟CFOの顔が多数確認できる。

ところが8:56にファーウェイのCMが流れる。

放送を観ている人たちはTwitterで「スポンサーかよ」と一斉にツッコミを入れた。

9:04、玉川徹氏(報道局コメンテーター室解説委員)が「(ファーウェイを排除はとんでもない!)中国がアジアの覇権国になったとき日本はどうするんだ!」と奇妙な主張をする。

この発言はあまりにも不自然で変な主張だと炎上。netgeekでも記事にした。

前回の記事:玉川徹「ファーウェイ排除!?中国がアジアの覇権国になったとき日本はどうするんだ」

しかしその裏にまさかファーウェイがスポンサーとなってお金を出していた実態があったとは…。この番組は要するにファーウェイがお金を出してつくらせたファーウェイの宣伝コーナーだったのだ。

テレビ局にとってお金を出してくれるスポンサー様は絶対的な存在であり、逆らうことはできない。

報道機関が真実を伝える信念を捨ててファーウェイを擁護したということで、これはもはや視聴者を騙したも同然だろう。

しかし真実を知ることができるインターネットがあってよかった。ネットがなければこの問題は闇に葬りさられていたに違いない。

あわせて読みたい→ファーウェイが新聞に大規模広告 「新聞社への口封じの賄賂」という見解も

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!