netgeek

3

ファーウェイが新聞に大規模広告 「新聞社への口封じの賄賂」という見解も

腹BLACK 2018年12月27日
 

中国のHUAWEI(ファーウェイ)が「日本の皆様へ」とあてた大規模な意見広告を新聞を掲載した。しかしその内容には特に価値はなく、事実上の新聞社への賄賂だという見方が広まっている。

広告を見た人が驚いて写真をアップ。

▼日本経済新聞。なんとカラーの全面広告だ。内容は「ファーウェイは安全です。余計なものはありません」ということが書かれている。

▼どこの新聞かは不明。カラー広告。

出典:https://twitter.com/GambaVernon/status/1078151666967314432

▼こちらも新聞名は不明。モノクロの広告だ。

出典:https://twitter.com/retta0714/status/1078094520430915584

これにあわせてファーウェイ公式Twitterはウェブでもメッセージを掲載したと告知した。

正直なところ、こんなことをしても失われた信頼を取り戻すことはできず、無駄な努力としか思えない。

日本政府はすでに政府機関と自衛隊でのファーウェイ、ZTE排除を決めており、ドコモ、ソフトバンク、au(KDDI)も政府方針に追随する。国によってはファーウェイを5Gから排除するところもあり、これから日本もどんどん締め付けが厳しくなっていくと思われる。

日経新聞の広告料金は1ページで2,040万円(税別)。

さらにカラーにすると追加で490万円もかかる。

ファーウェイは多額の広告宣伝費を投じたようだが、それに見合うリターンは期待できない。読者が広告を目にしてもファーウェイの売上はさほど増えないだろう。

もっとも、深田萌絵‏氏はこの広告出稿は事実上の新聞社への賄賂なのだと考察する。

不特定多数が情報発信するウェブはともかく、テレビ・新聞といったマスコミの情報発信は金次第で操作が可能だ。例えば「羽鳥慎一モーニングショー(テレビ朝日)」ではファーウェイからお金を受け取ったうえで、擁護する番組をつくっていたことが明らかになった。

参考:【炎上】ファーウェイ擁護のモーニングショー、ファーウェイのCMを流していた

番組では玉川徹氏が「(ファーウェイを排除はとんでもない!)中国がアジアの覇権国になったとき日本はどうするんだ!」と奇妙な主張を展開していた。それに前後してファーウェイのCMが流れるのだからもはや呆れてしまう。

今後は新聞のファーウェイ報道が変化しないかどうかに注目したい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. こうやって表に出る案件だけじゃなく代理を使って中国からメディアに対するカネの動きを暴露するような情報機関を日本はちゃんと持つべきだな

     
  2. HUAWEIを中国政府と考ると、これって日本政府と中国政府の経済的な戦争だよね
    この戦いはどっちが勝つのか気になるなぁ

     
  3. 新興宗教広告とかエセ科学の宣伝とか新聞はクズ広告ばっかりだよ
    これもその一つ

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!