netgeek

3

アパマンショップ、「消臭代10,800円」のインチキビジネスがバレる

netgeek 2018年12月19日
 

アパマンショップの佐藤大生社長が記者会見にて、実際には消臭作業を行っていないのに消臭代を請求していた事例があったと認めた。

不動産仲介会社のインチキビジネスが証明されてしまった。

佐藤大生社長は、警察から一連の騒動はスプレー缶が原因だと指摘されたと認めたうえで、実際には部屋の消臭作業を怠っており、それが大量のスプレー缶処分に繋がったという見解を示した。ただ、どれほどの事例があったのかはこれから調査するという。

当時、処分されたスプレー缶は120本だった。

スプレー缶ヘヤシュ(heyash)は業務用除菌消臭スプレーで、自動的に4分間噴射されるタイプ。バルサンのようなものだと考えると分かりやすい。

アパマンショップは消臭代金として10,800円前後の料金を請求していた。

だが元従業員の話によると、そこまで高額な請求をするほど大した作業はしていないのだという。

アパマンショップのTwitter投稿を調べると、ヘヤシュについてツイートしているものが見つかった。少なくとも2012年から使っており、市販もしていたようだ。

こちらには消臭代10,800円と書かれている。ボタンを押すだけなら客でもできるのに、料金が高額すぎやしないだろうか。作業代込みでも2,000円で十分といったところ。

さらに重要なことに、実際には作業が行われなかったことも多いのだという。

スプレー缶は本部が回収する決まりになっており、その際、契約件数と空のスプレー缶の本数が合致しないとおかしなことになってしまう。

120本ものスプレー缶が一気に処分されたのはそうした事情からだろう。

当時は店長らが一気に処分しようとしていた。

もっとも、こうした慣習はアパマンショップだけでなく、他の不動産仲介会社も同じだと思われる。ずっとインチキな請求で顧客を騙してきたのだ。これを機に今後は健全化してほしいものだ。

APMAN株式会社、直近1ヶ月の株価推移

騒動があって以来、株価は下落し続ける一方。小銭稼ぎのためにちまちまとインチキビジネスをやっていたら、とんでもなく大きな反動が来ることに…。

結局、120本もの消臭スプレーで除去されたのはアパマンショップ店舗だった。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 突っ込み先が違う!
    値段が問題なんじゃなくて、施工費とってるのに実施していないことが問題なんだろ!
    なにを勘違いしてる?
    実施していれば処分もしなくて済んで今回の爆発事故も発生しなかった。
    そこだろ!

    そんなこと言い出したらブランド品なんて全部ぼったくりじゃないか
    車もそう
    販売価格は販売会社が考えて決めるもの
    嫌なら使わなければいい

     
  2. 頭がおかしいのか、頭が悪いのか、どちらだろうな・・・
    部屋の中で消臭スプレー一気に噴射とか、健康被害もすごそうなんだが

     
  3. 抗菌効果なんて
    デタラメなのに
    それを割高な価格で施行すると契約し
    実際は未施行だったとは
    暗に脱税に準じる行為だと思うのですが…

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!