netgeek

1

北朝鮮の木造船、北海道は50件に急増!工作員が送り込まれている可能性

腹BLACK 2018年11月25日
 

昨年大きな注目を集めた北朝鮮の不審な木造船が2018年に入ってから漂着ペースを急増させている。

ニュースを2つ紹介したい。

まず1つ目。石川県で北朝鮮のものとみられる木造船の漂着が増えているという内容。乗組員の行方が分からず、すでに地下工作員として日本に潜り込んだ恐れが強い。

2つ目。北海道では11月18日までに50件の北朝鮮木造船が漂着した。去年6件が今年30件以上になり、ペースが5倍に急増している。

この他、秋田県にも漂着しており、事態は深刻とみられる。東海大学の山田吉彦教授は「台風の影響も考えられるが、小型船の場合は意図的に日本に漂着させて工作員を送り込んでいる可能性が高い」と指摘する。

特にエンジンがつけられていないのは決定的。漁船ならエンジンは必須だが、はじめから乗り捨てるつもりの木造船は貴重なエンジンははじめからつけないというわけだ。

こっそりと日本に上陸した北朝鮮の工作員たちは今どこで何をしているのか。おそらくすでに工作員として潜り込んだ仲間が住居などを提供し、着々とスパイとしての活動を進めているのだろう。

金正恩はトランプ大統領に対し「非核化に向けて努力する」と約束したが、こうした動きをみるにやはり北朝鮮のことは信用できない。

我々日本人の知らないところで一体何が起きているのだろうか。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 漂着地域あるある

    近隣の洗濯物等が盗まれ、畑が何者かに荒らされる

    沿岸から徒歩圏内にある普段無人にしてる施設で器物損壊・窃盗の被害が急増

    焼き肉屋でカタコトの新人バイトが増える

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!