netgeek

5

流行語大賞にノミネートされた「ご飯論法」は初耳。選考委員会の政治的偏向だ

腹BLACK 2018年11月13日
 

ユーキャンが2018年の新語・流行語大賞(第35回)のノミネートを公開した。だが、その中に明らかにおかしいものが1つ入っており、選考委員会の政治的偏向だと指摘されている。

全く流行っていない言葉が入っている。

No.15に注目してほしい。

聞いたことのない「ご飯論法」という言葉が入っている。調べたところ、これは政治家(与党)の言い逃れ答弁の論法を指す表現で、「朝ごはんを食べましたか?」という質問に「食べていません(本当はパンを食べていたけど、白ご飯ではないから黙っておく)」と答えるようなやり方を意味することが分かった。

メディアによっては「法政大学の上西充子教授がTwitterに投稿した表現」と紹介するところもある。確かに本人もノミネートに言及していた。

もしこの言葉が選ばれれば上西充子教授が受賞するのだろう。

安倍総理が森友・加計学園問題を追及されているときに、一部の人が使ったと推察できる。しかし、日頃から政治系の記事を書くことが多いnetgeek編集部ですら知らなかったのだから、流行語とはいえないのではないか。

ユーキャン流行語大賞は以前から選考委員会メンバーが政治的に偏った思想をもっていると批判されることが多かった。毎回炎上し、netgeekでもその都度記事にしている。

2015年の記事:【炎上】疑惑のユーキャン流行語大賞をテレビ局が再調査→やっぱり流行っていなかった

2016年の記事:「日本死ね」を流行語大賞に選んだユーキャンが炎上。日本をバカにするなー!

2017年の記事:【炎上】ユーキャンが流行語大賞に「忖度」を選ぶも解説と受賞者が酷い

▼2018年の選考委員会メンバー。

果たしてご飯論法という言葉は本当に流行しているのか。Googleで検索し、ヒット数を調べてみた。

※「筋肉は裏切らない(NO.11)」などは昔からある言葉で、言うまでもなくヒット数は多いだろうから、調査の対象外とした。できるだけ新しい言葉をランダムで選んで調査した。

まず、ご飯論法(No.15)は45万でかなり少ないという印象。

今年ブレイクしたお笑い芸人のひょっこりはん(No.26)は497万。

災害級の暑さ(No.16)は221万。

尾畠春夫さんを指すスーパーボランティアは1,930万。

カーリング女子のもぐもぐタイムは743万。

こうして比較してみるとご飯論法だけ一桁少なく、やはり違和感がある。他に流行った言葉はたくさんあるのに、なぜこの言葉を入れたのか。30あるノミネートの中で政治系の言葉は「首相案件」と「ご飯論法」のみ。

選考委員会が安倍総理バッシングのために無理にノミネートさせたと考えるのが自然だろう。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 流行語大賞はもう毎回「日本死ね」でいいよ。

    選んでる連中もありがたがってる連中も本音はそれだってバレてるんだから。

     
  2. 「そだねー」と「そうだよ」だと前者のほうが検索数で勝ってる。
    カーリング女子人気は本物だけど・・・ね、アンチ安倍政権の間で使われてる流行語入っててもね・・・

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!