netgeek

7

ドコモ「2〜4割値下げして4000億円を還元します(ぐぬぬ)」 菅官房長官グッジョブ

腹BLACK 2018年11月8日
 

NTTドコモの吉澤和弘社長が2019年6月までに格安の新料金プランを導入すると宣言した。菅官房長官の値下げ圧力が効いたものと思われる。

ドコモ、ソフトバンク、au(KDDI)の中でドコモが先陣を切った。

ドコモの吉澤和弘社長は料金プランを2〜4割ほど値下げすると宣言した。これから携帯端末の割引は縮小させ、2年縛りなどの条件を見直していく。

値下げの背景に菅官房長官のあのコメントがあることは間違いない。しかし、吉澤和弘社長は顧客ニーズを汲み取ったあくまで自主的な値下げだと説明した。

ドコモとしてはなんと4,000億円の還元になる。物凄い金額だが、これは今までそれだけ儲けてきたということの裏返しでもある。

心なしか社長の表情が悔しそうに見えるような気が…。

ここで改めて菅官房長官の言葉を振り返ってみよう。まさに指摘どおりになった。

前回の記事:菅官房長官「携帯は4割値下げしろ。てめーら公共の電波を使って寡占で儲けすぎだ」

ただし気になるのはドコモが大半を2割の値下げにとどめ、4割をごく一部にするのではないかということ。菅官房長官は「4割の値下げ」を指名したのだからその通りにしてほしい。

菅官房長官の公式Twitter(事務所スタッフが運営)もこのニュースをシェアした。

発表は10月31日になされ、ドコモの株価は11月1日に大幅下落。

これで残るソフトバンクとau(KDDI)も値下げに踏み切らないといけない状況ができた。元々寡占状態で暴利を貪ってきたのだからしっかり料金を下げて適正価格にしてほしい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. イタチごっこ続きそうだけどね。
    ソフトバンクなんて、分離プラン導入で基本料大幅値上げしたし。で、ここから値下げして値下げをアピールしそうな感じ。

     
  2. ドコモの営業収益は約5兆円ですよ。NTTグループ全体では12兆円。
    4000億円の還元なんて、子供の小遣いじゃないんだからwって感じ。
    4兆円くらいは還元してほしい。マジで。IT最先端のインドは、月500円でパケット無制限ですよ。「ギガ制限」だなんて、アホすぎて笑われるレベル。

     
  3. でもこれ多分、通話料とか「一部」を割引するだけですよね?
    支払い総額から考えると大した金額にはならない予感

     
  4. auも大概だしねぇ
    兎に角、楽天がどういう料金構成で来るかで
    転出が相次ぐかも知れないね
    そうなったら
    既存ユーザー等はかなりの大幅値下げの恩恵になるかも?

     
  5. どうせ総額は大して変わらないよ。
    今までは初期費用を安くして月額に転嫁してるだけだったんだから。
    それを止めるだけだから、端末が売れなくなってメーカーが苦しくなり、景気が悪くなるだけ。
    そもそも月額が欧米より明らかに割高なのは20GBという極端な大容量の契約だけだと政府自身が認めてる(↓)。
    にも関わらず日本の携帯会社が海外よりエリアが良くてアフターも手厚くてしかも儲かっているのは、ひとえにサービス向上とコスト削減の努力の結果に他ならない。
    安倍内閣は基本的には支持してるけど、ややこしいだけの軽減税率や民間企業いじめはやめて、自動車税やNHK受信料のような理不尽な生活費を軽減すべき。

    http://www.soumu.go.jp/main_content/000493771.pdf
    >東京の通信料金は、2GB、5GBでは中位の水準、20GBでは高い水準となっている。

     
  6. ※匿名 2018年11月8日 at 5:28 PMさん
    インドはパケット無制限ではないですよ。
    10GB=1700円程度ですが、インドの平均月収42000円からすると安いともいえません(とはいえ富裕層も多いので一概にいえない)。物価は日本の1/3~1/4ですし。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!