netgeek

3

安田純平が記者会見で話した36のこと

腹BLACK 2018年11月3日
 

11月2日、安田純平が東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見を開いた。

会見の中でポイントとなる発言を以下にまとめておく。

(1)イスラム国(IS)について取材するために危険地帯に入った

(2)2015年6月22日にトルコからシリアに徒歩で入った直後に拘束され、翌日に民家で監禁された。国境付近が安全かどうか確認するためにガイドが先に見に行った。待っている間、話しかけてきたシリア人2人組に「シリアに行こう」と言われてついて行ってしまった。自分でもなぜそんなことをしたのか分からない。腕を掴まれて車に乗せられ、ヌスラ戦線のエリアに入った。

(3)当初はスパイ容疑の尋問で、数日でスパイではないと分かってもらえたが、監禁は続いた。

(4)ガイドがグルだったということではなく自分のミス

(5)後藤健二さんも使っていたガイドだったので信用していた

(6)拘束後の2015年8月に個人情報を書くよう言われ、その後「日本政府から『金を払う用意はある』との回答があった」との説明を受けた

(7)日記は許可を得て書いていた。拘束組織「母国語じゃないと書くのが難しいだろうから日本語で書いていいぞ」

(8)最後まで組織名は言われていない

(9) 「私の行動によって日本政府が当事者になり申し訳ない」「解放に向け尽力していただいた方々に、おわびするとともに感謝申し上げる」

(10)拘束場所は巨大施設(地下1階、地上5階)や民家など10箇所ほどあった。巨大施設では3階に移動して日光浴していた

(11)今後も危険地帯に行くかは「全くの白紙。分からないです」

(12)ご飯とデザートが出てテレビを見て過ごした

(13)1m×1.5mの狭い独房に移ってからテレビがなくて「なんでテレビがないんだ」と文句を言ったら「コードを引っ張るのが大変なんだ」と説明された

(14)「欲しいものはあるか?」と聞かれて本や果物を差し入れてもらった

(15)物音を立てたら電気をチカチカ点滅させたり、扇風機を切る、缶詰だけで缶切りは持ってこない、鶏肉料理で骨ばかり入れる、蛇口をひねってキーンという音を出す、などという嫌がらせを受けた

(16)食事を食べないハンガーストライキを20日間やったら骨と皮だけになった

(17)イスラム教徒になると1日5回礼拝しないといけないので自由に動けるチャンス

(18)イスラム教に改宗して自分でウマルという名前をつけた

(19)水浴びをしたら電気を消された。やってはいけなかったのか…と思った

(20)トルコで買った携帯電話がメッセージを受信したのでトルコの国境に近い場所だと思った

(21)隣の家には年配の女性や子供たちが住んでいた。多くの子供たちが遊ぶ声が聞こえた

(22)カップラーメンなんかも持ってきてくれた

(23)拘束グループと同じ食事メニューでお腹いっぱい食べられた

(24)デザートを取り上げられる嫌がらせにあった

(25)身の安全は約束してもらえていた

(26)ニダールというあだ名で呼ばれていた

(27)手紙で妻のことを「オク・ホウチというニックネームで呼んでいる」と書いたのは普段から「オク」と呼んでいたので「放置しろ」と妻に伝える暗号だった

(28)拘束した組織「俺たちは紳士的な組織だと日本のみんなに伝えてほしい」

(29)よくNHKワールドを大音量で観ていたので近所の人も日本人がいると知っていたかも

(30)一度窓から「日本人か?純平か?どうしてほしい?襲撃して助け出すか?」と話しかけて助け出そうとしてくれた人がいた。「30分後にまた来る」と言って、今度はミカンを持って入ってきたが安田純平に話しかけたことで協力者とバレた。

(31)拘束組織は民家にいたのは5人で、他に動画を撮りに来る人もいた。巨大施設にはもっとたくさん人がいた

(32)拘束組織のリーダーは松平健に似ていて、勝手に「ケン」と呼んでいた。体格が良く、英語もできる。イラクに行ったことがある。米兵に捕まって通訳をしたことがある。

(33)拘束組織は「ヌスラではない」と強く否定していた

(34)拘束されている人の中にヌスラがいた。ということはヌスラと敵対する組織?

(35)テレビを没収される、扇風機を止められる、ジュースを取り上げられるなどの嫌がらせがあった

(36)最後に安田純平が記者会見で残したメッセージは「あきらめたら試合終了」

※漫画「スラムダンク」に出てくる安西先生の言葉

「地獄だった」「1mの部屋に閉じ込められて24時間身動きできなかった」というはじめの証言とずいぶん話が変わってきている。

出典:https://twitter.com/monton626/status/1058266630394793986

netgeek編集部では安田純平の3年6ヶ月の生活費について犯人が肩代わりした費用を試算してみた。

・食費252万円(1食700円)

・住居費120万円(月3万円)

・水道光熱費40万円(月1万円)

・その他、本、扇風機など40万円(月1万円)

合計452万円とかなりの金額。これにあわせて身代金と保険金の支払いも気になる。これで誰が得するのかを考えると…。

これはもはやウマルン滞在記。まるで成長していない…。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 3年間人質を養うテロリストwww

    百億万歩ゆずってこのウマルの言い分がすべて本当だったとして。
    3年間もテロリストにつかまってた奴が解放されたんだ。
    思想強制や洗脳で、こいつがテロリストのスパイになってることを疑うのは至極当然のことだろう。
    なんでこの胡散臭い男の言い分をメディアの連中はだれ一人疑わないのか。

     
  2. もえるななしさん 2018年11月4日 at 10:21 PM

    シリアへの渡航前にあれほど日本政府への憎悪の書き込みをしていた安田が、開放後なぜ急に日本政府への感謝や謝罪を記者会見で述べたのか。
    安田は自分がテロ組織とグルになって日本政府から金を巻き上げようとしてることが、日本政府にバレるとまずいと思ったんだろうね。だから安田は帰国後に急に日本政府におべっかを使い始めたんだろう。
    お前がテロ組織とグルなのはバレバレなんだよ、安田。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!