netgeek

7

安田純平の両親が折った千羽鶴、韓国式の謎

腹BLACK 2018年10月25日
 

解放された安田純平について、危険地帯に赴くという行動の是非について賛否両論が飛び交う中、安田純平の両親が折った千羽鶴に注目が集まっている。

千羽鶴なのに星。

父親の安田英昭さん(78)と母親の幸子さん(75)はメディアの取材に対し、毎日無事を祈りながら鶴を折り続け、ついに1万羽以上になったと語る。しかしその千羽鶴をよく見てほしい。

見かけないタイプの星型。母親は「千羽鶴は11本つくった」と説明するが、そもそも鶴ではない。

奥には普通のタイプの鶴もあるようだが、やはり星型が目立つ。

さらに真ん中が空洞の星型も。

日本では馴染みのない千羽鶴にネット上は騒然となった。その後、この星は韓国式のビョルと呼ばれるものということが分かる。

 

もはや単純な折り紙ではなさそう。これより前、安田純平は拘束中に「ウマルです。韓国人です」と発言したことで波紋を呼んでいた。妻のMyuや両親に尋ねると「心当たりはなく、初めて聞いた話。日本人だ」と断言する。

参考1:安田純平の妻「なぜ韓国人と言ったのか分からない。日本人なのに…」

参考2:安田純平さん、4つの名前を使っている謎。山本純平、パク・ホットク、ウマル

韓国人発言についてはその後、複数の説が唱えられた。

(1)精神状態がおかしくなっている

(2)何かのメッセージだった

(3)日本政府が身代金を払ってくれないから韓国政府を狙った

今回の折り鶴はただの偶然かそれとも何か関係があるのか。この点は帰国してから安田純平さんに尋ねればはっきりとするだろう。

続き→安田純平「私が『ウマルです。韓国人です』と言った理由を説明します」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. ただいま40代ですが、
    この星形つくるのが小学校の頃に流行ってたという事実は全くありません。

     
  2. 両親と子供の苗字が異なるんでしょうか?

    山本が本名とすると、両親もテロップの安田ではなく山本のはずですが。

    パスポートや手紙の苗字が伏報道でせられていた事から本名は安田ではなく、両親の下の名前は手紙で書かれていたものと同じなので手紙は正しいとすると、両親も安田性でない可能性がありますね。

     
  3. あの星は小学校の頃、工作用紙が細長く余るとみんな手慰み的に適当にクルクル折って作ったわ。最後に立体にするの。
    到底折り紙なんて呼べるもんじゃないし、誰にも教わりゃしないけど、誰でも一度は作ったことあると思ってた。
    韓 国なんて国名すら聞いた覚えのない時代の話ね…まさかあれをワザワザ折り順まで作って自国製に仕立てたのか…

     
  4. そもそも被災地や大病人に千羽鶴を送る風習というのは、原爆の子の佐々木貞子さんから来ているという話がありますね
    事実かどうかはわかりませんが

    最近では、千羽鶴はゴミになるから迷惑だ、もっと有益なものを送るべきだ、というような意見があるみたいですが、他者を憂う心をゴミと言えてしまう合理主義のような考えが強くなっていて、悲しく思います

    しかしこの原爆の子の逸話を真似た韓国式というものは一体なんなんでしょうかね?
    そしてその他国の真似事を、本当に日本人が選択する事ですかね?

    事実がどうなのかはわかりませんが、個人的にはとても気持ち悪く奇妙な印象を受けます

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!