netgeek

10

安田純平さん解放、カタールが身代金を払っていた

腹BLACK 2018年10月24日
 

シリアで拘束されていたジャーナリスト安田純平さんが解放された件についてカタールが身代金を支払っていたことが分かった。

前回の記事:安田純平さん、4つの名前を使っている謎。山本純平、パク・ホットク、ウマル

菅官房長官が最新の情報を説明。

日本政府はテロ組織に対抗する措置として身代金を支払わないという姿勢を貫いている。だが、今回ばかりはなぜかカタールが肩代わりして支払った。

シリア人権監視団は安田純平さんについて「多額の身代金が支払われた」と説明し、アブドルラフマン代表は「身代金は日本ではなく、カタールが支払った。国際的にアピールするためだ」とコメントした。

この事実は菅官房長官も認めている。安田純平さんの身代金は当初150万ドル(約1億6,500万円)が要求されていたが、日本政府は一向に交渉に応じず、ついには50万ドル(約5,500万円)にまで値下げされた。

この頃、安田純平さんが「私は韓国人のウマルです」と発言して波紋を呼んだ。母親や妻に確認したところ、安田純平さんは日本人であり、韓国人ではないことは確かなのだという。さらにウマルという名前も韓国の名前ではない。なぜこのような奇異な発言をしたのかはこれから本人に確認すべきだろう。

解放にあたって玉川徹は安田純平さんを擁護した。

出典:https://twitter.com/onoderamasaru/status/1054877844113809408

玉川徹「敬意を持って出迎えたい。私は(世論になっている)自己責任論を否定する。民主主義を守るジャーナリストであり、兵士と同じく彼を英雄として扱うべきだ」

しかしながらこのような見方はかなりの少数派だ。日本政府が危険だから行くなと警告しているのに渡航を強行したのは完全な落ち度だった。さらに調べてみると安田純平さんは過去に何度も拘束されたことがあることが分かった。ネット上では「プロ人質」「犯人グループと結託して金儲けしている」という穿った見方も飛び交う。

ここで2015年の安田純平さんのTwitterでの投稿を見てみよう。日本政府に反発し、独善的な意思を表明している。

気になるのは日本に帰国してからどうなるのか、そして身代金を肩代わりしたカタールはこれからどう動くのかということ。まだまだ大きなニュースが続きそうだ。

続き→トルコ外相「安田純平の身代金は支払われていない」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (10)

  1. 金を払う=リピーターがつく

    日本人を誘拐して売るというビジネスを成立させるな

     
  2. プロ人質でニート生活、身代金で一儲けを持ち掛けられたゲリラのおっさん達も無駄飯食いの穀潰しをもて余してたんだろうな
    本当に拉致されたのなら他のジャーナリストみたいにぐだぐだしないで処刑されたはずだからビジネスだってはっきりわかんだね
    カタールも何の目的で身代金出したんだろう?案外向こうの情報局員に接触したときにゲリラのおっさん達が厄介払いで叩き売ったのかな?

     
  3. 頼む!カタールよ!!
    このクズの身柄を引き取ってくれ!!
    金払ったんだから最後まで面倒みろ!
    このクズを日本に入れるな!

     
  4. 既存マスコミはみんな同じ論調ですよ。
    韓国人と名乗ったことにももちろん一切ふれてませんわ。

    本人の口からキチンと説明するんでしょうねぇ。
    ジャーナリストなんですからバックレたりしないで、会見でも開くんでしょうね?

     
  5. 同意
    カタールが責任とるべき
    テロリストに金を払ったカタールは
    テロ国家である
    日本にゴミを送りつけるな!

     
  6. カタールは金持ち国家だし日本は立て替え金を払う必要無いよね。テロリストに資金提供なんて以ての外だし

     
  7. カタールが支援してる武装組織にカタールが金払うって、マッチポンプってレベルじゃねーぞ!
    ただの献金じゃねえか!!!

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!