netgeek

2

磯野家の謎。サザエさんではコンセントの位置がよく変わる

腹BLACK 2018年10月20日
 

これは制作陣が視聴者に仕掛けたいたずらなのか、それともケアレスミスなのか。日本国民なら誰もが知っている国民的アニメ「サザエさん」で奇怪な現象が起きていることが分かった。

日によってコンセントの位置が違う。

1本しかない頂点の髪の毛を乾かす波平。ドライヤーのコードは右下に繋がっている。

しかしまた別の日ではコンセントの位置が鏡の横に。おかしい。これは絶対におかしい。

コンセントは差込口の数も変わっており、非常に奇怪である。さらによく観察すると他にも多数、矛盾点が見つかることが分かった。棚の位置や蛇口のタイプ、洗濯機の外観も変わっている。

もしかすると波平の毛にカーブがあるときと直毛のときとで背景がを使い分けているのだろうか?毎回、背景を一から描いているとは思えないのだが…。

また別の日。なんとコンセントがなくなっている。

この現象に気づいた人は証拠写真をアップし、ネット上で大きな反響を得ていた。そしてネット上で最も支持されたのは「実はサザエさんはパラレルワールドで起きている複数の話を見せている」という説。

だから、サザエさんが波平のことを「お父さん」と呼んだり「父さん」と呼んだりするのだ。さらに昔はアナゴさんに子供がいたという指摘もあり。

我々が一つの世界だと思っていたものは実は別の世界で起きている複数の話だった。なんだか映画にできそうな壮大なストーリーだ。制作陣は複数の背景画をあえて使い分けることで視聴者に裏メッセージを送っていたのではないか。そう考えるとますます奥が深くなってくる。

おまけ。作画崩壊の事例集。

名探偵コナン。コナンくんが小さすぎる。これではドアノブにも手が届かないではないか。

ベッドが大きすぎる。画を描くのはけっこう難しいようだ。

坂が急過ぎる。これは明らかに作画ミス。

…と思いきや、実在する光景だった。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!