netgeek

2

ローマ美人市長が五輪招致を撤回。小池都知事とは月とスッポンだと揶揄される

腹BLACK 2018年8月31日
 

ローマ初の女性市長となったビルジニア・ラッジ市長(38)が一度立候補した五輪招致を取り下げて辞退していたことが分かった。英断だと褒められている。

日本もこうすべきだったのでは?

ローマの五輪招致については市民から賛否両論の声があがっていた。ビルジニア・ラッジ市長は「1960年のローマ五輪の借金がまだ残っている」として財政的な理由、さらには環境保護の観点から立候補を取り下げた。

ローマ以外で2024年オリンピックの選考に残っていたのはパリ、ロサンゼルス、ブダペスト(ハンガリー)で、最終的にパリに決定した。紹介した記事では「小池都知事とは大違い」という小見出しがつけられている。これが「美人」を指すのか「英断」を指すのか、はたまた両方なのかは深く考えないことにしよう。

さて、実はこの記事は2016年のもの。東京五輪招致は石原慎太郎都知事が立候補を表明し、猪瀬直樹都知事のときに当選し、小池百合子都知事が実行を進めることになった。したがって全ての責任を小池都知事に押し付けるのは理不尽だろう。もっとも、豊洲移転問題で「決められない都知事」という印象がついてしまっただけに、東京五輪の責任も一気にかぶりそうな予感がする。

2020東京五輪では収入4,500億円に対し、費用1兆8,000億円で大赤字が見込まれている。だから大量のボランティアを募集したり、小池都知事が個人の資産寄付を呼びかけたりするなどおかしな事態になっているのだ。

参考:1兆3500億円の赤字を見込む東京五輪、小池百合子がとんでもないことを言い始める

▼レディースクリニック「イーク表参道」高尾美穂副院長による投稿。4万以上もリツイートされた。

ただし日本全体が受ける波及的な経済効果は表面的な赤字以上にあるという見積もりもある。多くのお金が動き、経済が活性化するのは間違いないだろう。

すでにやると決めたのだから2020東京五輪は何としても成功させてほしいものだ。

あわせて読みたい→東京五輪・組織委員会の家賃は月4300万円(虎ノ門ヒルズ)で贅沢三昧

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 稲田朋美がアジア安全保障会議で「私たちはグッドルッキングだ」って言って国際的にバカにされたのに、似たようなことするんじゃねえよ。
    さすがに記事でも触れられているが、誘致を決めたのは小池百合子じゃない。
    国際的に決めた約束を自分の個人的な思いつきで実行できない無能さは責めてもいいが、もっと合理的な追求をすべし。

     
  2. この記事に小池知事は必要ないよね。
    ローマ市長は手を上げてる段階での就任
    小池都知事は決定後の就任
    手を下げられない状況の人をけなしてどうするの?

    そもそも、マスコミ自体東京五輪は推進の立場で報道してなかったっけ?
    反対だ!無駄だ!って決定前には書かずに、決定後に無駄が多い!予算が倍増!とか騒ぎ出したはず
    で、その五輪予算の見直しを提言した小池氏を選挙の時に全面バックアップ的に報道してたような・・・・・

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!