netgeek

4

トランプ大統領の「真珠湾攻撃を忘れないぞ」発言についてデマが出回る

腹BLACK 2018年8月30日
 

6月に行われた日米首脳会談でトランプ大統領が安倍総理に対して発した一言がマスコミに誤解されて報じられている。

長らく尾を引いている発言だけに錯綜する情報を正しく整理したい。

まずは正確に報じたFNN PRIMEのニュースから。

きっちりと発言の前後も含めて誤解がないように報じている点が好印象。トランプ大統領は日本の貿易について、真珠湾攻撃のようにもっと攻撃的な姿勢をとるべきだと主張した。これはアメリカが攻撃的な姿勢をとっているのと比較しての話だろう。

しかしながら当時、トランプ大統領の「真珠湾攻撃を忘れない」という発言のみが切り取られ、「日本は真珠湾攻撃でアメリカに不意打ちを仕掛けた卑怯者だ。恨んでいる。貿易で譲歩しろ」という意味ととられ、誤解が広がっていた。

こうして真相が明らかになったのに、日本のマスコミはまだ間違い続けている。

共同通信は8月29日、「真珠湾攻撃忘れないぞ」という強烈なタイトルの記事を公開した。しかしツッコミどころが多すぎる。記事はワシントン・ポストを参照して書かれた間違いだらけの伝言ゲームのような仕上がりだ。

特に「日本側の弱み」という部分は意味が正反対。実際にはトランプ大統領は「(真珠湾攻撃のときのように)もっと他国と戦え」と日本の勇猛果敢な姿勢を強みとみなしていた。これは圧力や批判の類ではなく、鼓舞する趣旨があることは明白。

それなのに共同通信はワシントン・ポストのフェイクニュースを鵜呑みにして日本でもデマを流してしまった。

さらにNHKも同日に伝聞で記事にしている。またワシントン・ポストの名前が出てきてうんざりしてしまう。

ワシントンポストが、トランプ大統領がことし6月に安倍総理大臣と会談した際、日米の貿易の問題に関連して「私は真珠湾を忘れない」と述べたうえで、日本の貿易政策を痛烈に批判したとも伝えたことについて「コメントは控えたいが、いずれにしろご指摘のような事実はない」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180829/k10011598321000.html

トランプ大統領が貿易赤字を問題視しているのは紛れもない事実だが、安倍総理との信頼関係は深く、突然脅すようなことを言うとは考えられない。

菅官房長官は記者からの「トランプ大統領が真珠湾攻撃を引き合いに出して日本を批判したというのは本当なのでしょうか?」という質問に対し「ご指摘のような事実はありません」とはっきりと否定した。

ネット上では当時からフェイクニュースなのではないかと疑う声があがっていた。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 去年の訪日前のときも、リメンバー・パールハーバーってつぶやいてたから、そのままだろ。明確に意図していってるんだよ
    安倍とトランプは、友好的な関係というより、利用しあう協力関係って感じだから、別にいいんじゃねえの?いつものどおりのトランプだよ
    日米関係に問題が起こっては困るんで、日本政府としては沈静化しておきたいんだろう。トランプの発言なんて無視しておけって事だよ
    安倍さんは上手くトランプと付き合ってるよ。大変だろうがな。
    まぁ、トランプに反応して、友好的な良い状態の日米関係を崩してはいけないので、わかった上であえて無視しておけ。トランプのことはほっておけ

     
  2. 事実は常に「等身大」である。体験された事実以外はすべてフェイクである。所謂ニュースにはフェイクの度合いの違いがあるだけである。今更のように、マスメデイアのフェイクニュースに驚くことはない。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!