netgeek

0

こぼれないコーヒーカップのフタが発明された!億万長者か!?

腹BLACK 2014年5月16日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今やコーヒーは日本でも大普及し、仕事中、食後、ちょっとした休憩と様々なシーンでなくてはならないものになった。セブン-イレブンなどのコンビニは本格的なコーヒーを楽しめるように力をいれており、その人気っぷりがよく分かる。

viora-coffee-cup-lid

コーヒー好きな人にとってはどこでも気軽にコーヒーが飲めるようになって、大変嬉しいのだが、唯一ネックなのが「こぼれる」ということ。手についたらベタベタするし、服についたらシミになってしまう。これはもはや仕方ないこととして諦めるしかないのだろうか…。

そんな折、アメリカの企業が極めてこぼれにくいコーヒーのフタを発明したと話題になっている。海外サイトのBUSINESS INSIDERがこの件について詳しく報じているので、一部翻訳して紹介しよう。

出所:This Ingenious Lid Solves The Most Annoying Thing About Paper Coffee Cups
http://www.businessinsider.com/new-viora-lid-solves-coffee-problems-2014-5

誰でも熱いコーヒーを手やズボンにこぼしてしまった経験はあるだろう。従来のカップのフタではこのような問題がどうしても起きてしまっていた。スターバックスなどは穴をふさぐシールを提供したり、ダンキンドーナッツでは穴のないフタをフタを採用したりしたが、使いにくかった。

そんな最中、シアトルに拠点をおく企業、Vaporpath社が生み出したのがこぼれないフタ「Viora Lid」。
CAD_Drawings

Viora Lid(左)と来のフタ(右)を並べて。揺らしてみたところViora Lidはこぼれなかった。
ridcoffee

さらにこのフタは飲みくちが縁よりも低くなっているので、マグカップで飲む時と同じように、いつコーヒーが口元に届くか予想することができるのだ。
viora-coffee-cup-lid-1

また、この大きな飲みくちのお陰でフタをとらなくてもアロマの匂いを十分に楽しむことができる。リサイクルも可能になっており、今月からシアトルのカフェで使われることになっているので、もしかしたら目にする機会があるかもしれない。

詳しい情報はVIORAのHPをご覧あれ。
http://www.vioralid.com/#main-slider

この不思議なフタ、近いうちに日本のコーヒーチェーン店でも使われるようになるのではないだろうか。従来のものと比べて飲んだ感覚はどう違うのか。そして本当にこぼれにくいのか。是非実際に試してみたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!