netgeek

1

びっくり!チリではプリングルズのおじさんに規制がかかっている

腹BLACK 2018年8月16日
 

ヒゲのおじさんのトレードマークでお馴染み「プリングルズ」がチリでは規制対象になっていることが分かった。小売店では驚きの光景が広がる。

黒いシールが上から貼られている!

ちょうとプリングルズのおじさんの顔にあわせて貼られる黒いシール。

おそらく手作業で1枚ずつ貼ったのだろう。これはかなり大変な作業なように思える。

徹底して顔が隠されている。

出典:https://twitter.com/oogiri_peru/status/1029535678491779077

実はチリでは2016年6月に肥満を予防する新たな法律ができ、このような措置がとられることになったのだ。

・チリでは6歳未満の3人に1人が過体重

・「肥満撲滅を目指す法律」と「食品表示法」がある

・肥満を招く商品に子ども向けキャラクターを使うのはこの2つの法律に反する

・チリの国家消費者庁(SERNAC)はキャラクターが描かれたコーンフレーク(ネスレとケロッグ)を告発した

・チョコレートのM&M(マスターフーズ)も告発した

・SERNACエルネスト・ムニョス長官は、各社に11万ドル(約1,200万円)の罰金を言い渡した

・キンダー・サプライズ(卵型のチョコレート)、マクドナルドのハッピーセットも禁止

かなり厳しい規制であることは間違いない。メーカーとしては商品自体を健康なものに変えるか、パッケージデザインを変えないといけない。だが在庫の問題もあり、やむを得ずシールで対応しているのだろう。

また別の店舗でもシールが…。

下段左端に1つだけ貼り忘れられているものがある。棚に描かれている顔は規制対象外ということか?

チリの事情も分かるが、メーカーとしては悩ましい問題。やはりトレードマークの顔がなくなると売上は下がるのだろうか…。

あわせて読みたい→【炎上】めちゃイケがジャニーズの圧力を受けてモザイクだらけに

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. この国にいたが、コカ・コーラは一人当たりの消費量が世界第二位(一位は米国)だし、菓子は甘いものしかないし、急激な経済発展でいきなり食い物が豊かになったしで、肥満が増えるのは当然。プリングルズの顔を消したくらいで食べるのを止める様な連中じゃない。
    似た様な現地製のポテチはいくらでもあるし、まぁ焼け石に水。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!