netgeek

5

西川史子が解説する「医学部が女子を減点しないといけない理由」

腹BLACK 2018年8月10日
 

東京医科大学が女子受験者を一律に減点することで女性比率を下げていた不祥事について医療関係者が次々と大学を擁護し始めている。

医師の西川史子さんによる分かりやすい解説を紹介したい。

西川史子「(減点は)当たり前です。東京医科大学に限らないです。もう全部がそうです。だって上からとっていったら女性ばかりになっちゃうんですよ。女の子のほうが優秀だから」

要するに、もし医大が男女比を調整しないで平等に選別してしまうと次のような問題が起きるということだ。

・眼科医と皮膚科が急増する

・股関節脱臼の場合、女性には背負う力がなくて治療できない

・世の中から外科医が不足する

・外科医になってくれる男手が必要

・女性は妊娠してお腹が大きい状態では手術はできない

・医療の需給バランスが乱れる

こういった問題が起きないように医大は必要悪で男女比率を調整しているのだという。これは女性差別ではなく、現実的な問題に対応した結果といえるだろう。

事実、現場で働く医療関係者は異口同音に「女性の減点はある程度理解できる」とコメントする。

ただし東京医科大学は多浪生も減点していたのでこの点は追加の説明が必要。

番組では「募集する段階で男女比を明記しておくといいのでは?」という意見も出たが、西川史子さんは「受験時はどの科に行くかは分からない」とコメントし、やはりバランス調整は難しい問題だということを示唆した。

海外ではどうなっているのだろうか。制度としてどう設計するか、なかなか悩ましい。

あわせて読みたい→裏口入学・東京医科大学と間違えられた東京医科歯科大学、3メディアを名指しで抗議

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. ある年かさのお医者さんに、なぜ、その診療科を選んだのか聞いたことがあります。
    指導教授?が決めたからと言ってました。
    昔は医局?の決定には逆らえなかった。僻地の診療所に行けと言われたら逆らえなかった。医者の人権が無視されていたから、昔は産婦人科不足とは言われず、僻地の診療所でも医者が居たとその人は言ってました。
    白い巨塔のようなドラマで描かれたように、医局制度?に悪い部分もあったのは事実でしょうが、ある種の強権的な部分があって現場が回っていた部分もあったのでしょう。
    西川先生の意見には全面的に賛成はできませんが(男性の皮膚科医、眼科医も多い。医者が自分で診療科を選べるようになった結果、体力的に楽な診療科に男女関係なく人が流れたた聞きます)、医療関係者として言いにくいことを言ったとは思います。
    大学入試も問題ですが、多く医学部の大学院入試はもっと、と聞きます。西川先生に是非、突っ込んでほしいです。

     
  2. 一般的に言って女性が仕事に注ぎ込めるリソースは男性より少ない傾向にあるのは事実。
    世の中には女性や老人や障害者を雇う余裕がある職場ばかりではないのも現実。
    そんな現実を直視できない人には前向きな議論も改善もできない。

     
  3. >>女の子のほうが優秀だから
    これだけ余計だったなぁ
    もったいない、西川さん

     
  4. 受験生として優秀、と行間を読めば大学側も数字で認めてる事実
    医師として女が優れているとは本人も思ってないのは本文を読めば明らかだし
    惜しくもない的外れなツッコミ

     
  5. 記事の趣旨は点数操作に一理ある、という事。女子や女子の能力を低く見るのは正しい、なんて意味のことは言っていない。が、後者であると前提してドヤ顔のコメ入れてる人が目立つ。読解スキルの低さに呆れる。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!