netgeek

7

小池百合子「東京五輪の猛暑対策は打ち水」←だめだめ!サウナのロウリュウだよ!

腹BLACK 2018年7月27日
 

海外からも懸念されている2020東京オリンピックの猛暑問題について、小池百合子都知事が打ち水を全面に押し出そうとしている。

逆効果なのでは…。

カメラの前で打ち水パフォーマンスをする小池百合子。

テロップには「焼け石に打ち水」とつけられており、やはり懐疑的。

みんなでやる「打ち水作戦」だそう…。

VTRを見た中尾彬は「小池さんがやっていた打ち水ってのは反対だね。あれはアスファルトにやったら余計に暑くなる。昔からあるのは路地でやるものなんだ。何か勘違いしているね」とばっさり。

打ち水の効果については諸説あるが、現在は次のような体験談が最も支持されている。

「水を撒いた直後は涼しくなるが、10分もすると湯気が立ちこめ、高湿度でさらに暑くなった気がする」

大量の水をぶちまけて雨が降った状態を再現するならともかく、少量の水では効果は期待できず、むしろ逆効果になる懸念さえある。

要するにサウナのロウリュウと同じ。ロウリュウは石に水をかけることで水蒸気を発生させ、発汗作用を高める入浴方法のことだ。

小池百合子がやろうとしていることはまさにこのサウナのロウリュウサービス。根本的な問題を解決しないといけない状況で小手先の対策をとっても意味はない。

おまけ。

振り返ってみれば公約が一つも実現できていない小池百合子都知事。詐欺ではないか。

満員電車ゼロ、花粉症ゼロ、電柱ゼロ…。ここまで口だけの政治家は珍しい。

あわせて読みたい→東京五輪の熱中症対策は首に濡れタオル。小池百合子、「竹槍でB29に向かっている」と揶揄される

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 東京都はたんまり税収はありますよ。

    小池が自分のパフォーマンスのために、どれだけの無駄な税金をつぎ込んだか!
    それは、税収にまだ余裕があるからできるのです。
    東京都の地方独立行政法人を含めた総資産や不動産はとんでもない金額です。
    東京都はまだまだ余裕なので、小池が調子に乗って金を使いまくっています。
    誰か小池を止めてくれ!

     
  2. 打ち水は、夕暮れ時の気温が下がり始めたときに、気温より熱くなってる地面を冷やすから効果が出る。
    それくらいの時間になると、風も吹いていることが多いので、熱気はその場に留まらない。

    オリンピック期間中の夕暮れに打ち水した程度では、熱中症対策にはなりません。
    ましてや真夏の炎天下で打ち水するのは、逆効果。

    そんなことも分からんとは…

     
  3. 一昨日、オーストラリア人の旦那に、日本人って、水を撒けば涼しくなるとでも思ってるの?って馬鹿にされて、イラっとした自分。
    この事を言っていたのね。

    恥ずかしいから、やめて~!

     
  4. ゼロを目指す党であって
    ゼロを達成する党ではないのだよ
    だまされた人乙

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!