netgeek

4

東京メトロ、電車内の政治ステッカーを「違法」と断言。これで安心して私人逮捕できる

腹BLACK 2018年6月26日
 

以前から問題になっていた電車内の政治ステッカーについて、東京メトロ(東京地下鉄株式会社)が「違法」「犯罪」だと警告している。

東京メトロがついに警告に踏み込んだ。

電車内の政治シールはすでに掲載されている広告の上から貼られることが多かった。

▼安倍総理を馬鹿にするシール。

広告料を支払っている企業にとっては非常に迷惑な行為に違いない。だが、被害が少なかったのか、鉄道会社はこれまで特に対応することはなかった。それがついに警告のポスターを張り出すまでになったのだ。

頼もしいのは違法性があると断言したうえで、駅員への通報を呼びかけていること。もはや線引きが難しいマナーの問題ではなく、東京メトロも公式に認める違法行為なのだ。

シールを貼っている人を見かけたら是非とも捕まえてほしい。

いくつか過去の事例を紹介しておこう。

▼こちらは転職情報サイトの上から「アベ政治を許さない」というシールが貼られている。

▼撮影者は勇敢にもシールを剥がした。

▼元の広告。女性の転職を応援するサイトの広告だった。

参考:「アベ政治を許さない」という悪質なシールを剥がした人に賞賛の声

▼エン・ジャパンが「バカ総理」と意見している?

▼これもシールだった。自然に溶け込んでいたので気づかなかった。

シールは安倍総理をターゲットにしたものばかり。どのような人たちが貼っているのかは自明だろう。

参考:電車内広告にシールを貼り付けている犯人の正体。目撃した人が登場

東京メトロの今回の動きは非常に支持できる。公共の乗り物として市民の監視もあわせて秩序を維持したいものだ。

ところで、すでに解散したシールズはもしかしてシールを貼りまくる集団という意味だったのか?

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 電車内掲示の公告料ってかなり高額だった筈。
    犯人が捕まったら莫大な賠償金が請求されるだろうね。

     
  2. 左翼のおかしいところは自分たちは正しいので何をしても許されると本気で思っているところ。普通に考えたら企業が金払って掲載している広告の損壊は犯罪なんだが、自分たちは正しいからそれもOKとなぜかなる。
    というかそういう思考が戦争の発端なんだよね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!