netgeek

5

宋文洲がデマを流す「安倍は居なかったとトランプ大統領が明かした」

腹BLACK 2018年6月20日
 

G7サミットでトランプ大統領が安倍総理を全面的に信頼し、交渉の取りまとめ役を任せてくれたのはすでに有名な話。その件について宋文洲(そうぶんしゅう)が完全なでっちあげでいちゃもんをつけている。

宋文洲「アベはその場に居なかったとトランプ大統領が明かした!」

宋文洲が添付したのはトランプ大統領と安倍総理のツイートのキャプチャ。どうやら宋文洲は「安倍総理は自分が真ん中にいる写真をアップしたのに、トランプ大統領の写真では安倍総理がいない。トランプ大統領による暴露だ」と解釈したようだ。

だが、何度読み返してもトランプ大統領はそんなことは一言も言っていない。

netgeek編集部が混乱する中、宋文洲のツイートはどんどん拡散され、合成説が有力になってしまった。確かに写真の画質が荒く、奇妙にも思えるが、G7サミットに参加した安倍総理がわざわざ合成を使う必要はない。

宋文洲が参照したトランプ大統領のツイートを訳すと以下の通り。

「私はドイツのアンゲラ・メルケル首相とは非常に良い関係を持っているが、フェイクニュースメディア(嘘つきメディア)は怒っているように見える交渉・合意時の写真ばかり使う。そしてそこでは、アメリカ大統領として要求していないことまで要求していることになっている」

なんと安倍総理については一言も言及していないのだ。これで宋文洲の間違いが確定した。

トランプ大統領が添付したのはアンゲラ・メルケル首相とトランプ大統領が笑っている写真。

さらに最後の写真には安倍総理も写っている。

安倍総理が交渉の取りまとめ役を務めたのは事実なので「最後に写真を撮りに来た」という事実はないだろう。また、以下の写真が合成というのも考えにくい。

トランプ大統領が一言も言っていないことを妄想で勝手に付け足して広めた宋文洲。安倍憎しをこじらせた結果、人はこんなにも酷い状態になってしまうのか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. こういうのはアンチ安倍の要素もあるだろうけど、ケント・ギルバートさんが儒教の本で指摘していた中華思想の「チャイナ・ナンバーワン主義」とか日本に対する嫉妬が、どれくらい関係があるんだろうかね?
    単に安倍批判をして、快楽を得てる可能性もあるだろうけど。

    政治思想関係なく言論人は、根拠と論拠を示して情報発信してほしいものだ。
    自分から信用度を失ってどうする。

     
  2. フェイクニュースに対してのツイートでフェイクニュース流すってある種の病気なんじゃないかな?

     
  3. おっしゃる通りだと思います。

    netgeek並みの推測こじつけはいけないと思います!

    フェイクニュース反対!

     
  4. 宋文洲のTwitterを覗いてみたが、反安倍総理の大集合。
    真実味に疑問があるロシア、北朝鮮からの発信を根拠に、『アベは嘘つき』
    と大合唱。まるで、モリカケ大集合。
    事象を是是非非で語れず、一方向のみで物事を捉え論じる半島、大陸人
    のTwitterを見ている錯覚に陥ってしまうほどの正に『便所の落書き』レベル。
    何故、反安倍の輩は、中・韓・北朝政権の利害に合致した論調・思想しか
    発信しないのか?
    『3国の宗主国・中国から直接、間接に利益を得ているから』と考えれば、合点がいく。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!