netgeek

4

G7トランプ大統領「シンゾウに従うからまとめてほしい」 安倍総理の信頼度が凄い

腹BLACK 2018年6月11日
 

日朝首脳会談のためにG7を途中で退席したトランプ大統領が、協議内容について安倍総理にすべてを託していたことが分かった。

そこまで信頼されている安倍総理は凄い。

G7サミットで各国首脳とトランプ大統領が激しく対立したのはアメリカの輸入制限について。貿易赤字を出しているアメリカとしては厳しい制限を設けて自国の利益を守りたい。

そんな中、トランプ大統領は安倍総理にまとめ役をお願いした。「従う」とまで言っている。

安倍総理は各国の利害を調整し、うまい落とし所を提案したとされる。

最終的には無事、結論を出すことができた。これは安倍総理もTwitterで投稿した通り。

日本のトップがここまで信頼されているというのは素晴らしい話だ。トランプ大統領は安倍総理のことをとても信頼しているようだ。

ただし、カナダのトルドー首相がG7終了後の記者会見でアメリカを批判したことについて、トランプ大統領は怒りを露わにした。

トランプ大統領はTwitterにて「ジャスティン・トルドー首相はG7会談中は物腰やわらかく振る舞っていたのに、私がG7の会場を去ったあと、記者会見で『アメリカの関税は侮辱的だ』と発言した。これはとても不誠実だ」と投稿した。

リーダーシップという点において安倍総理は群を抜いている。日本の野党が下らないモリカケ問題にこだわっている間に世界はどんどんと前に進んでいるのだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. シンゾウがいい様に訳してる訳ではない事を信じたい。
    なぜなら俺は英語がわからないからだ。

     
  2. この話を聞いて、漢の劉邦に仕えた韓信の言葉を思い出しました。まさに安部総理は将の将。日本のリーダーだけでなく、世界のリーダーになれる器だと!その理由は、G7でも分かるように、各国の首脳は自国の利益の為の主張で議論するなか、トランプ大統領に任された安部総理は、各国の落としどころを見つけて話をまとめました。それによって、各国の首脳のメンツも守れたので、結果として大成功という事だったのでしょう。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!