netgeek

5

八代英輝が毎日新聞にクレーム「『麻生氏なぜ辞めぬ』は中立性を欠いている!おかしい!」

腹BLACK 2018年6月6日
 

八代英輝弁護士が毎日新聞の報道姿勢にクレームをつけた。責任問題が問われる麻生大臣の進退について、毎日新聞は辞めさせようとする悪意ある見出しをつけている。

問題は中立性を欠いていること。

現状では麻生大臣の辞任は賛否両論が飛び交っている状態。そんな中では特に事実を報道することと社説とは別にするべきだということだろう。例えば「麻生大臣、辞任を否定」という見出しなら事実を報じているだけなので問題はないが、「なぜ辞めぬ」は記者の「辞めるべきだ」という見解が入りすぎている。

八代英輝弁護士はこういった偏った報道姿勢を鋭く見抜き、テレビではっきりと指摘した。

そもそも麻生大臣は不正には無関係。決裁文書の改竄を指示したとされる佐川長官はすでに辞任し、退職金の減給処分も下された。それ以上の責任を求めるのはただ単に政治方針が気に入らない麻生大臣を辞めさせたいだけなのではないか。

報道姿勢は朝日新聞もおかしい。

文書廃棄の理由について報告書では「野党議員の近畿財務局への訪問を懸念して廃棄された」と書かれているのに朝日新聞では「廃棄、首相の答弁が契機」という見出しになっている。

さすがにこの見出しはおかしいと自民党の和田政宗議員がTwitterで抗議の声を上げ、多くの賛同を得た。元を正せば野党議員のパワハラまがいの追及が担当者を不正にまで追い込んだのだ。当時の担当者は睡眠時間を削り、土日返上で働く中で精神的にも肉体的にも追い詰められていった。

「こんなに辛い思いをするぐらいなら、いっそのこと文書を廃棄してなかったことにしたい」という動機には同情の余地がある。

参考:【衝撃】決裁文書書き換えが起きたのは理財局がマスコミに忖度したからだった

文書改竄や廃棄が起きたのは麻生大臣のせいではなく野党議員のせい。さらには日夜、偏向報道を行ったマスコミにも責任はあるだろう。事実を冷静に分析すれば責められるべきは麻生大臣ではない。

おまけ。

(1)新潟県知事選挙で参考にしたい麻生太郎氏の言葉。

(2)netgeekが制作した動画。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. もう毎日朝日マスゴミ共の後ろを調べれは外患誘致罪適用で社員全員極刑でよい

     
  2. 反日特亜人の三権およびマスコミからの排除を早く!ますます世の中おかしくなっている。

     
  3. 八代英輝が毎日新聞の「麻生氏なぜ辞めぬ」の見出しを指して「放送法がないと言って、新聞がバランスを欠いていいのか」と発言。新聞は言論機関だと知ってんのかな?この弁護士は安倍昭恵と仲良しになってから目つきが虚ろになったばかりか思考能力も劣化するという悲劇に襲われているようです。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!