netgeek

4

独り言を言って「麻生大臣が無視する映像」をつくったテレビ朝日くっそ笑った

腹BLACK 2018年5月26日
 

報道ステーション(テレビ朝日)で、記者が自作自演で「麻生大臣が記者の質問を無視する映像」をつくった様子が放送された。大変滑稽な映像なので紹介したい。

独り言を言う記者が憐れでならない。

記者「交渉記録が意図的に破棄されていたということなんですが、大臣からの指示はあったんでしょうか?」

人が大勢おり、がやがやしているので記者の小声は聞こえない。麻生大臣は一瞥もせずに通り過ぎていく。

面白いのはここから。

記者「大臣ご自身の責任はどうお考えですか?」

言い終わる頃には麻生大臣の姿はすっかり消えていた。一体誰に向かって質問しているのか。

カメラは報道ステーションに戻り、富川悠太アナが「麻生大臣の責任が問われている」と真面目に語る。こんな面白いVTRを見た直後なのに笑わなかったところは立派。よく我慢した。

おそらく現場では記者がマイクを持ち、マイクに向かって小声で話していたのだろう。途中でメモを見失ってしまったのか、2つ目の質問は麻生大臣が完全に通り過ぎてから発しており、言い終わる頃には姿が見えなくなっていた。

記者の言葉は非常にたどたどしく、オタクが独り言を言っているかのような印象を受けた。このような映像はボツにすべきなのに、報道ステーションはなぜそのまま使ってしまったのだろうか。

netgeekでは少し前に、同じことを何度も聞く記者を批判する動画を制作した。

やっていることはこれと同じ。まさにマスコミがニュースを自作自演でつくっているのだ。昔はその手法でも通用したかもしれないが、今はおかしなことをするとすぐにネットで告発される時代。

こんな卑怯な手を使うのではなく、もっと真っ当な仕事をしてほしい。

【追記】

もう一本動画を制作した。こちらも記者のおかしさが分かる必見の動画。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. またテレ朝のやらかしですかー!
    民放は、いい加減、捏造の手口がネットでバレバレだと学習しないのかな

     
  2. 日大アメフト部のラフプレーが想像以上だったのと同じくらい、想像以上にひどいやり方でした。

    こんなんがありだったらなんだってできますよね。

    ディレクターから指示があったんでしょうか?
    大臣のコメントとってこい。
    取れなかったではすまされないよ。
    失言で次の選挙に落選したら、そのほうが面白いでしょ。
    とか。。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!