netgeek

13

愛媛県が出した安倍・加計癒着の証拠、フォントがおかしくて改竄疑惑が浮上

腹BLACK 2018年5月22日
 

愛媛県が新たな内部文書を国会に提出し、安倍総理と加計孝太郎理事長が癒着していた証拠を突きつけた。しかし複数のフォントが入り混じっており、後から改ざんされた疑惑が浮上している。

まずは報道から。

安倍総理は元々、友人の加計孝太郎氏とは獣医学部新設の話は全くしたことがないと話していた。しかし3年前に面会し、安倍総理が「獣医学部いいね!」と言ったという記録が見つかったのだ。

資料を提出した中村時広知事。

何か企んでいるような気がしてしまう…。

提出された資料に「首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね』とのコメントあり」と書かれている。

やはり安倍総理は昔から友人の加計孝太郎理事長を優遇し、最高権力を不正に利用して獣医学部をつくらせたのではないか?

…と、ここまでがマスコミの報道。報道を受けて国民民主党の玉木雄一郎議員は勝利宣言を行う。

しかし、文書をよく見ると奇妙な点が散見される。

なんとところどころフォントが違うのだ。

肝心の箇所はゴシック体になっている。

赤が明朝体で黄色がゴシック体。

おそらく後から改竄する際にフォントの設定がゴシック体になっており、このような奇妙なことになったのではないか。ネット上がざわつく一方、玉木雄一郎議員は何も気づかないで強気の投稿を行う。

安倍総理は2015年2月25日に加計孝太郎理事長と会った事実はないと否定している。各新聞の首相動向で確認してもそのような記録はなく、やはり愛媛県の資料には疑問が残る。

はじめに文書をつくった担当者に話を聞いてみたい。もしも第三者が後から書き換えたのだとすれば不正はすぐに明らかになるだろう。

おまけ。

蓮舫議員がnetgeekのTwitterアカウントをブロックした件について動画ニュースをつくってみた。

続き→【加計学園問題】朝日新聞、2015年2月25日の首相動静を削除

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (13)

  1. 改竄じゃないとしても文書として問題。
    愛媛県職員のレベルは子供の使いレベルということ。

     
  2. また捏造文章ですか
    こういう茶番劇で国会をサボル無責任野党は異常ですよ

     
  3. これは、行政文書の管理番号がない文書だけど。
    役所の公文書としてこの報告はどうなのよ?

     
  4. > 重要部分をゴシックにすることなんて珍しくない

    その程度では強調されていることすらわからない。

     
  5. どうでもいいけど報告書としては言葉がフランクだな
    「いいね」なんて報告書に書いたらフツー怒られるぞ

     
  6. 明朝体文書の中で強調部分をゴシック、読みやすい文書デザインの手法ですね。
    ビジネス文書でもよく見られます。

     
  7. 黄色の部分の途中「とのコメントあり」の「あり」だけ明朝体でおかしい。

     
  8. MS明朝は太字(似非ボールド)にしても画面上だけなんだなこれが
    印刷すると作成者にしか分からない

     
  9. ロジカリスト 2018年6月4日 at 10:48 AM

    まだこの記事消さずに残してるんですね(笑)
    これだけ「そんなの全然おかしくない」と真っ当な指摘受けてるにも関わらず(笑)

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!