netgeek

6

枝野幸男「安倍総理は多数決が正義だと勘違いしている」←少数派テロリストのような危険思想では?

腹BLACK 2018年5月21日
 

立憲民主党の枝野幸男代表が講演会でとんでもないことを言っていたことが分かった。これは民主主義の根幹を揺るがしかねないとしっかり牽制しておきたい。

テロリストのような危険思想。

福岡市のホテル福岡ガーデンパレスで講演会を開いた枝野幸男代表は、はばかることなく安倍総理を名指しで批判した。しかしどうも内容がよくない。発言の裏を返せば、自分たち少数派が正義だと思い込んでるということであり、これは民主主義を破壊しかねない危険思想だ。

もちろん多数派のほうが間違っていて少数派のほうが正しいということもあるだろう。だが勝手に国会をサボってゴールデンウィークを18連休にし、カラオケや海外旅行を楽しんでいた立憲民主党が言っても説得力がないというもの。国民はしっかりと情報を得て選挙で投票しているわけで、その多数決の原理まで疑いだしたら元も子もない。

現状に異を唱える枝野幸男代表はだからといって代替案を提示することもなく、要するにこれは少数派の立場で愚痴を言っているだけだ。

次の参院選では独自候補を立てると意気込んでいるが、情勢はかなり厳しい。立憲民主党は最近になってかなりボロを出し始めている。

さて枝野幸男代表の妙な愚痴をもう一つ紹介しておきたい。

一般人をネトウヨ呼ばわりしてバッシング。

枝野幸男「安倍さんは有権者と接していない!例えばTwitter見てると、いわゆる「ネット右翼」と称するような人達が『安倍さん万歳』『野党けしからん』って話がわんわんなんです。そういう人達としか接点のない自民党の議員さんが非常に増えている。したがって突き上げが弱いんです」

言っていることがよく分からない。ネットユーザーは確かに安倍政権を支持する人が多いが、それは政治思想が右翼だからというわけではなく、テレビ・新聞の偏向報道を見抜いているからだ。枝野幸男代表は自分が左に寄っているから普通の人が右に寄っているように思えるだけなのではないだろうか。

netgeekでは以前、東大生の本質を突いた意見を紹介していた。

参考:自民党支持の東大生「愛国心には右も左もないのに国が好きと言った瞬間に右翼だと言われてしまう」

日本ではなぜか愛国心や帰属意識を表明するとすぐに「右翼」や「ネトウヨ」と誹謗中傷の対象になってしまう。今回、ネットユーザーを一括りにして批判した枝野幸男代表もまた加害者の1人だ。

枝野幸男は少数派が正義だと勘違いしている。自分の思い通りにいかないからといって民主主義を疑い始めるのはやめよう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 民主党だって以前は多数決で与党になった。
    その結果、やりたい放題で多数から嫌われて干された。
    安倍政権は今でも多数から支持されているは、一方で
    野党やメディアが安倍降ろしのために嘘をばらまいてる。
    そういうのが見えているんだから仕方ない。
    民主主義の原理は多数決。
    小数派の実力行使はテロリズム。実力行使しなければ負け犬の遠吠え。

     
  2. 負け犬の遠吠え、まさにこれ
    自分たちが勝てないのをシステムの所為にする
    なんで支持されないのか理解できないようじゃ現政権が自滅でもしなきゃ勝てないでしょう

     
  3. 1つの候補にしか加点しない単記式多数決を用いた選挙では、
    他の候補と比較してより多くの投票者から
    「最も支持」された候補が勝つ。
    各投票者にとっての支持順序どころか
    不支持者数すら考慮しない。

    過半数制を採用しなければ、
    「最も支持」した投票者よりも
    「最も不支持」とした投票者の方が多い候補を
    勝者とすることもある。

    逆に、二番目ながらもすべての投票者から
    支持される候補がいたとしても、
    「最も支持」された候補以外には加点しない
    単記式多数決におけるその候補の獲得点数は0であり、
    この候補が上位になることはない。

    それを回避するには、ボルダルールやシュルツ方式などの
    投票者の各候補に対する順位付けを集計する選好投票を用いること。

     
  4. 【候補A、B、C、Dに対する投票者9人による順位付けの例】
    BよりもAをより支持することを A >B と書くことにする。

    A >B >C >D
    A >B >C >D
    A >B >C >D
    A >B >C >D
    C >B >A >D
    C >B >A >D
    C >B >A >D
    D >B >C >A
    D >B >C >A

    【単記式多数決の配点】
    ある投票者が最も支持している候補に1点、それ以外は0点。

    【単記式多数決における各候補の得点と勝者】
    A・・・4点(勝者)
    B・・・0点
    C・・・3点
    D・・・2点

    【ボルダルールの配点】
    ある投票者にとってR位である候補にN-R+1点。Nは候補数。

    【ボルダルールにおける各候補の得点と勝者】
    A・・・4×4 + 3×0 + 2×3 + 1×2 = 24点
    B・・・4×0 + 3×9 + 2×0 + 1×0 = 27点(勝者)
    C・・・4×3 + 3×0 + 2×6 + 1×0 = 24点
    D・・・4×2 + 3×0 + 2×0 + 1×7 = 15点

     
  5. ときに、多数派に好まれる候補よりむしろ、
    幅広い人が受け入れ可能な候補を選ぶことがあるので、
    ボルダ式は、多数決主義の選挙制度ではなく、
    世論の一致を重視した選挙制度だとしばしば言われる。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!