netgeek

7

「シンゾー・アベに失礼なことをするな!」イスラエルのシェフが靴のデザートを出して炎上

腹BLACK 2018年5月8日
 

安倍総理がイスラエルを訪問した際、官邸お抱えのシェフがとんでもないことをしたと批判の声が殺到している。

テーブルの上に置かれた靴に注目。

出典:https://www.instagram.com/p/BiSayISHtJi/

こちらはベンヤミン・ネタニヤフ首相との夕食会で出されたデザート。一見、本物の革靴のように見えるが、金属でできている容器なのだという。靴紐の部分を拡大するとフェイクだと分かりやすい。

出典:https://www.instagram.com/p/Bidx3pWgMnF/

ちょうど足を入れる部分に布のようなもので覆われたチョコレートが乗っている。このデザートはネタニヤフ首相にも出されているわけで、おそらく悪意はないのだろうが、悪趣味すぎやしないだろうか。

シェフのsegevmoshe氏がInstagramに写真をアップすると早速、批判の声が集まり、炎上状態になった。ただし、怒っているのは日本人ではなくイスラエル国民だ。

・わが友よ。お前は馬鹿だ

・これは食べたくないです!

・馬鹿!

・日本では靴を脱ぐ習慣がある。テーブルに乗せるなどもってのほか

・日本だけじゃなく他の多くの国でもこれはあり得ないよ

・シェフなら日本のカルチャーを調べてからメニューを考えろよ(同業他社であるシェフからの意見)

・クリエイティブだね。でもシンゾー・アベに出す料理ではないね

・靴から食べるなんて気持ち悪い

・俺は食べない

・え!?マジ!?

・KAWAISO(可哀想)

この騒動はイスラエルのメディアも取り上げ、大きなニュースとなった。意見をざっと見るにイスラエルの人たちは総じて親日で安倍総理に対しても好意的なようだ。国が違えば素晴らしい風刺だと褒められていたかもしれないのに、イスラエル人が良識的でよかった。

netgeekではsegevmosheシェフの他の料理も調べてみた。

▼料理をお皿とあわせている。シェフいわく「segeアート」なのだという。

▼鳥の巣を模した料理。ただ料理を作るだけでなく頭を使って仕事をしているのがすごいところ。研究にも相当時間をかけていそう。官邸お抱えになるのも分かる。

▼メッセージ性が強く、確かにアートだ。お皿も特注なのだろう。最高品質の食材で味も美味しいに違いない。

▼華やか。安倍総理に出してほしいデザートはこっちだった…。

▼調理中の様子。

▼ちなみにこちらはトランプ大統領との会食のときの様子。

▼やはりオリジナルの器を用意していた。2人のシルエットを使い、チェスに見立てているようだ。

segevmosheシェフは現実の物と料理をうまくコラボさせて目で楽しませることを工夫しているようだ。しかし偽物であろうと靴の容器というのは食欲がなくなってしまう。

安倍総理に出したということで自信作だったのだろうが、周囲の誰も止めなかったのが不思議だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 穿き古した靴だったら本当にシャレんなってないが、アートだからいいだろw
    このシェフにはこれからもがんばっていただきたい(TPOをわきまえつつ)。

     
  2. アートとは云え、食べ物には相応しくないと思うけどなぁ。
    納豆とかチーズの料理の器だったらギャグっぽくて良かったかも…やっぱダメか

     
  3. なるほどこのシェフさんはかなり面白いアイディア料理を作る人なのね。
    チェスの写真にはアートを感じるし中々面白いですね。
    ただ今回はやり過ぎかなー

     
  4. 某国のような悪気があってのことではないから、大目に見てあげたい。

    おおらかに対応した安倍夫妻としては日本によいイメージを残したと思う。

    シェフもいい勉強になったと思う。

     
  5. 創意工夫は評価するが、食い物である以上は不衛生な物と掛け合わせてはいけない
    靴以外も正直全部アウトだわ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!