netgeek

4

安倍&麻生がマスコミ記者の卑怯なやり口を暴露

腹BLACK 2018年5月6日
 

遡ること8年前、安倍総理と麻生大臣が「マスコミ記者がぶら下がり会見で卑怯な手を使ってくる」と暴露した。音声のみだが、問題の記録を紹介したい。

ぶら下がり会見は記者がパフォーマンスする場。

安倍総理と麻生大臣の話をまとめると以下の通り。

・毎日ぶら下がり会見をやっているのに記者からの質問は稚拙

・「解散はいつですか?」ばかり

・わざとイライラさせる作戦だと思う

・マスコミは不愉快な表情を撮影するのが狙い

・会見が終わって背中を向けたら「総理!質問に答えてください!」と言葉を浴びせる

・一度「えっ?なんですか?」と振り向いたら質問はなくて言葉に詰まっていた

・要するに「質問を無視して立ち去る」という映像が撮りたいだけ

動画の最後には記者がわざとらしく大声で「大臣!」と呼びかける映像があり、裏を見抜いた麻生大臣に説教されている。マスコミの人間はこうして卑怯な手法で日々、政治家を貶めようとしているのだ。

記者「あ、すいません大臣!」

記者「大臣!(驚くほどの大声)」

麻生太郎「最初から聞けよ!大きな声出さないで!」

記者「いえ、テレビ朝日の…」

あまりにも悪質なので記者の顔をカメラで映すべきだと思う。マスコミが互いに報じあって自浄作用を働かせてはどうか。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. まあ、マスゴミの常套手段ですから。ゴミクズだし、日本一最低な職業だし、今更感が・・しかし日本の在来の報道機関は終わってますな。

     
  2. 変な編集されないように会見する時は首からストップウォッチ下げて映れば良いと思うんだよね

     
  3. > 変な編集されないように会見する時は首からストップウォッチ下げて映れば

    なるほど!
    100均のデジタル時計でも見えるように胸ポケットに挿しておくのも良いかもw

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!