netgeek

8

【炎上】立憲民主党、自分たちが出した法案を審議拒否

腹BLACK 2018年4月20日
 

生活保護法の一部改正について立憲民主党が提出した法案が、立憲民主党によって審議拒否される珍事件があった。麻生大臣の辞任を求めて国会をボイコットしたようだ。

国会唖然。提案者の池田真紀議員(立憲民主党)がいなくなっている。

与党が法案について質問しようとしたところ、なぜか回答役の池田真紀議員がいなくなっていることが判明。仕事を無責任に放棄したとして誰もが驚いた。生活保護のことなんて本当はどうでもいいから、とにかく自民党の弱体化を狙うべく麻生大臣の辞任を求めるというのが立憲民主党の狙いのようだ。

福田淳一事務次官の不祥事にかこつけて立憲民主党は仕事を放棄してまでごね始めた。

こんな要求が通るわけないのに、やっていることが完全におかしい。例えば労働者が待遇の改善を求めて仕事をボイコットするのであれば、経営者はどうしても損する仕組みになるから交渉せざるをえなくなる。だが、この場合は与党は何も損をしない。

むしろ国会から野党がいなくなって損をするのは税金を負担している国民だ。どうして仕事をしていない人間に税金から高い給料を払わないといけないのか。抗議するのはともかく、無関係な生活保護の審議にまで悪影響を及ぼさないでほしい。

1日3億円がかかるとも言われる国会。立憲民主党・希望の党・民進党・共産党・自由党は出席を拒否した。

これはもう「サボった」と言っても過言ではない。揚げ足取りにばかり注力して国民のための提案をしない野党議員は国民の敵だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (8)

  1. こんな輩に投票している奴。
    頭、大丈夫か。また日本人じゃないでしょ

     
  2. さっきNスタ見たら、野党が#ME too運動してた。
    委員会バックれてないで、仕事しろよ、ってマジで思った。

     
  3. いやいや出鱈目が過ぎるろw。っていうか、ここまできたら野党の方が大問題なんだが。っていうか実害で言ったら、既に野党の問題行動の損失の方が桁外れにでかいという事実。

     
  4. 議員歳費も見直すべきだ。
    国会での仕事内容に応じて算定する方式に改めて欲しい。
    仕事しない奴が給料減るのは民間なら当たり前。
    欠席日数が5日越えたら歳費半減。
    年間10日を越えたら議員資格を剥奪して補欠選挙。
    仕事しない(できない)議員を、いつまでも国会におく余裕はない。

     
  5. 審議拒否するなら、その日の分の「倍」の歳費を返納しろ。
    それと、「正当な理由なく」三回以上審議や委員会の場に欠席した場合は
    「懲罰動議」の対象とする「スリーストライク制」の導入。

    国民の信任を無駄にする勘違い議員には、国会の場から退場してもらう制度を
    作らないといけない。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!