netgeek

0

ゴールデンレトリバーに育てられた猫の話

腹BLACK 2018年4月19日
 

動物病院の緊急センターに運ばれてきた1匹の子猫がゴールデンレトリバーと仲良くなり、親子の関係を築くまでになった話を紹介したい。

参考:mojito_rose(Instagram)

ある日、健康状態のよくない子猫が運ばれてきた。

猫は生後3週間とみられ、体重は通常よりも軽い。動物病院で働くキム・ダウィーさんは子猫を連れて帰り、ゴールデンレトリバーのモジトに会わせる。

2匹は互いのにおいを確認した後、長く寄り添っていた。

どうやら仲良くやっていけそうだ。

その日からモジトは猫の母親になった。猫にはスカイウォーカーという名前がつけられた。

モジトは毎日、丁寧にスカイウォーカーの世話をする。2匹は常に一緒だ。

見よ、この抱っこしているような写真を。完全に親子だ。

モジトはこうしてスカイウォーカーを大事に育てた。

寝るときも一緒。

スカイウォーカーはすくすくと大きくなる。

とりあえずくっついていると安心するらしい。

耳が大きい。チャームポイントはピンクの鼻と肉球。

今ではスカイウォーカーはすっかり大人に。猫の成長はあっという間だ。

2匹の互いの愛情が伝わってくる。愛に動物の種族の壁はないという心温まる話であった。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!