netgeek

11

【森友文書書き換え疑惑】朝日新聞、違う書類を見て「書き換え」と騒いでいた可能性

腹BLACK 2018年3月8日
 

森友学園への国有地売却にあたって財務省が決裁文書を書き換えたとされる疑惑で、朝日新聞が別文書を見て勘違いしている可能性が浮上した。

自民党の和田政宗議員による指摘。

要するに財務省は正式に売買契約を結ぶ前に予定価格について決裁文書をつくっていた。朝日新聞はこのうち予定価格のほうをみて売買契約の原本と勘違いしてしまったようだ。

▼当初の朝日新聞の報道。「『要請』から『申し出』に書き換えられた」などと報じられている。

▼和田政宗議員がアップした比較写真。

▼netgeek編集部の解説入り。朝日新聞は右を見て勘違いした?

予定価格の決裁文書は朝日新聞が当初指摘した内容とぴったり当てはまる

(1)文言が「要請」から「申し出」に変わっている

(2)「学園の提案に応じて鑑定評価を行い」「価格提示を行う」という文言が削除されている

(3)貸し付けに至る経緯を説明した箇所がなくなっている

別の文書だったのだとすればこれは文書偽造ではないわけで、早合点した朝日新聞は大きな過ちを犯してしまったことになる。

改めて簡単な流れまとめ。

(1)財務省が予定価格について文書をつくる

(2)財務省が売買契約について文書をつくる(これが正式な取引の原本)

(3)朝日新聞が予定価格の文書のほうを見て「原本が書き換えられている!確かに見た!」と騒ぎ始める

(4)財務省は困惑。なんのことか全く分からない

(5)財務省が国会に原本を提出。もちろん書き換えられていない

(6)納得がいかない野党は審議拒否

(7)原本はそのままで、別の文書が出てきた

簡潔にまとめるとこのようなことだろう。

▼鋭い指摘を行った和田政宗議員。「まさかこういうことじゃないでしょうね?」という表現で、まだ朝日新聞の勘違いだとは断言していないが、非常に重要な事実を指摘してくれた。

これにあわせるかのように毎日新聞も情報公開請求で新たな文書を入手したと記事を公開した。朝日新聞が「原本が書き換えられた」と騒いでいるのは別文書のことなのではないかと示唆する。

参考:別文書に「特殊性」の表現 国会開示にはなし(毎日新聞)

毎日新聞は記事にて「本件の特殊性に鑑み…」という部分は地中にゴミが埋まっている問題を指していると解釈し、朝日新聞が勘違いして報じた可能性を含ませた。

謎が多かった森友学園の文書書き換え疑惑、ようやく納得がいく説明がなされた。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (11)

  1. こういう事って絶対にテレビで報じないね。今だ印象操作するマスゴミはもはやクズガミ

     
  2. まじでコレだったら朝日新聞は責任とって解体するよね?
    まさか人には求めることが自分ではできないなんてことないよね?

     
  3. 朝日は紙面で
    「契約当時の文書と、国会議員らに開示した文書は起案日
    決裁完了日、番号が同じで、ともに決裁印が押されている」
    と言ってるし、これで間違えると思うか?
    和田じゃあるまいし

     
  4. 和田政宗議員はこの別文書をどのように入手されたのでしょうか。
    毎日と同じく情報開示請求されて議員個人で入手?
    国会に元々提示されていて、議員全員が確認できる?

    いずれにせよ、朝日は「確認」したとの報道だけ。
    毎日は決裁文書の名前を公表せず一部分のみ写真掲載。

    早期解決の為、和田議員には全文を公表していただきたいが、難しいのだろうか…

     
  5. 番号が同じって、まさかとは思うが分類コードを指して同じって言ってるってオチはないだろうな??

     
  6. 朝日は国会を空転させた責任を取れ 2018年3月9日 at 7:34 AM

    言いだしっぺの朝日が入手した文書を公開すれば済む話

     
  7. 書き換えがあろうがなかろうが、原本のに書かれてる内容だけで即アウトだろ!

     
  8. 朝日が正しい。
    財務省が改竄した。
    改竄を指示したのは政府。
    こんなところですね。

     
  9. えっ? 普通だろ?
    バカなの?

    朝日新聞の
    アサヒは

    謝らない
    蔑む
    卑怯
    の頭文字だから

    見切り発車しても 騙されるのが悪い

    だから 最近は
    色んなニュース見ても 聞いても
    朝日新聞って聞けば 虚偽だと認識する

    そもそも 朝日は敵を叩くためなら
    第三者被害も躊躇わない
    それによって 風評被害が出たものもある
    でも 朝日新聞は 絶対に謝らない
    むしろ 開き直って 相手を責める

    人に 謝らない
    人を 蔑む
    やり方が 卑怯

    それが朝日新聞
    今や 日本の常識と言っても過言ではないと思う

    朝日新聞が自身から謝罪した次の日は 地球が終わるかもしれない

    かつては 出来る社会人の必須アイテムが朝日新聞だった
    けど それも 過去の栄光
    今は 持ってるだけで 距離を置かれる
    曰く付きの新聞
    しんぶん赤旗と 仲が良いのも 特徴

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!