netgeek

4

初めて「いきなりステーキ」に行ってみた

lemon 2018年6月24日
 

先日テレビを見ていたら「ガキの使いやあらへんで!」で「いきなりステーキ」が取り上げられており、無性にステーキが食べたい気分に。

たまたま近くに「いきなりステーキ(渋谷青山通り店)」があったので早速行ってきた。

以前からよく聞く店だが、なかなか入る機会がなかった。


まずは店の外観。ド派手な看板でとても目立つ。看板のロケットは一体どういう意味なのだろう…。コック姿で写っているのは創業者の一瀬邦夫社長。

外の立て看板でメニューが確認できるのが嬉しい。今回は昼時に行ったのでランチメニューを狙う。おおよそ1,000円から1,500円ぐらい。

店に入ると店員が案内してくれる。店内には椅子のない立ち食い席もあった。今回は運良く椅子の席に案内された。

カバンや上着を置くところにはかぶせるようの布もあり。ソースが飛び散っても安心。

ステーキの写真がとても美味しそう。ランチメニューはライス、サラダ、スープつき。グラムも選べる。

どれにしようか迷う。

いきなりステーキでよく聞く「ミドルリブ」「トップリブ」のメニューも発見。

メニューが多く、初めて来たのでどれがオススメなのか分からない。とりあえず定番メニューを選んでおけばいいだろうか。

なお、ランチメニュー以外の商品も300円でライスとサラダが、400円でライス・サラダ・スープがつく。

先に来たサラダとスープを食べているとステーキが来た。ワイルドステーキ300g(1,390円)。「じゅ~」というなんとも食欲をそそる音を響かせ登場。上に乗っているのはバターのような味。

今回はテーブルの上にある「ホットステーキソース」をかけて食べた。

この他、「いきなりソース」もあり。比較してみたところ、ホットステーキソースは辛口、いきなりソースは甘口でマイルドな味わい。個人的にはいきなりソースのほうが好き。

糖質×脂質、ライス×ステーキ、これは最強である。食べる手を止められる者はいない。音を立てながら煙と匂いを充満させる鉄板の上の肉…。

いざ口に入れてみたところ肉は思ったよりも固め。しっかりとした食べごたえがあり、まさに肉といった感じ。コストパフォーマンスはいいが、正直なところめちゃくちゃ美味しいステーキというわけではない。

後半戦。ここでテーブルの上にある「わさび」を投入。さっぱりとして食べやすい。食べるスピードが加速していく。

あっという間に完食。お腹が膨れて「食った食った」という感じ。

同行したスタッフはリブロースステーキ300g(2,070円)を注文していた。美味しそうな見た目だ。

一口貰ったところ、こちらのほうが柔らかい食感。やはり値段に比例して美味しくなるようだ。

「ワイルドステーキ」はその名の通り肉にかぶりつくような、肉をむしゃむしゃ食べたいときにオススメ。一方で「リブロースステーキ」は上品にお肉を召し上がりたいときにオススメ。

いきなりステーキでは「肉マイレージ」なるものを溜めていくと特典がもらえるので、頻繁に通うのもあり。ランクをどんどんあげている熱烈なファンもいるらしい。

ステーキが食べられる店の中では気軽に入れる部類であり、価格も安め。そこが人気の秘訣なのだろう。現在「いきなりステーキ」は店舗数をどんどん増やしている。近くのお店に足を運んでみてはいかがだろうか。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. ペッパーランチのネガティブな事件の数々の印象が強くて行く気にならない

     
  2. コストパフォーマンス良くはない
    自分で焼けば和牛が食べられる値段だし、他の店だってもう少しまともな肉をもっと安く出してる。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!