netgeek

4

【炎上】中国5つ星ホテル、トイレブラシでコップも洗う

腹BLACK 2018年1月26日
 

中国のシェラトンホテル(五つ星)をはじめ、複数のホテルでずさんな清掃が行われていることが判明した。中国の記者が新人になりすまして潜入取材した。

驚くほどずさんな清掃をこっそり撮影した。

(1)シェラトンホテル(五つ星の超高級ホテル)。

▼清掃員が洗面台を洗っているのはトイレブラシ。

▼そのまま便器の掃除をしてしまう。この清掃方法で毎日繰り返しているのか…。さらにタオルは見た目で使っていないと判断したら交換しない。

(2)ケンビンスキーホテル(1泊2万~5万5千円)

▼コップを洗っているのはトイレブラシ。

▼そのままトイレを洗う。

▼バスタオルを便器の水で濡らして床掃除に使う。清掃員いわく「本当は消毒しないといけないけど面倒くさいからしない」

(3)シャングリラホテル。

▼ぞうきんを使いまわし。1枚でコップ、ゴミ箱の中などを拭き、使い終わったそうきんは便器の水で洗う。日本人の感覚では便器の水に手を突っ込むのは相当抵抗があるのに…。

▼清掃員は規則違反になると認識しているものの上司に見つからなければ大丈夫と語った。

このようなずさんな清掃が横行するのは間違ったインセンティブシステムがあるから。清掃員は1日に12部屋掃除するのがノルマで、それ以上できた場合は1部屋につき12元(206円)貰える。だからどの清掃員も効率重視で素早く作業するのだ。

潜入取材して証拠映像に収めた記者は非常に良い仕事をした。この後、ハルビン市はホテルに対し立ち入り検査を実施し行政処分を下した。

ホテル側はすでに謝罪しており、従業員教育を見直すと説明している。だが、それでも失った信頼を取り戻すのは難しいだろう。客室でこれなら厨房はもっと酷いかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 日本も雑務とかは外国人に頼っている状況ですよね。
    日本人で担ってくれている方も居られますが質というのは難しいところです。

    あの国だから余計に発生しやすい事案ですけど、我が国だから絶対にないとは言い切れない寂しさが・・・・・・
    日本のホテル業界もきちんと確認よろしくお願いします。
    人の振り見て我が振り直せ!な、日本で行きましょう

     
  2. 従業員が、5つ星レベルじゃないってことだよね。
    それは、5つ星とは言わない。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!