netgeek

4

JASRACさん、カスラックと呼ばれていることを知っていた

腹BLACK 2017年12月5日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

JASRACの大橋建三常務理事が取材に応じ、世間から嫌われていることについて反論のコメントを行った。

すごく直球な質問のぶつけ方。

▼まず記者が質問。「カスラック」と堂々と言ってしまう。

▼笑い始めた?

▼悔しいらしい。自分たちは正しいことをしているのに…という心境。

▼権利者のためにフェアに仕事をしていると主張。カスラックと言う人はJASRACのことを十分に理解していないだけ。

▼では音楽教室からも著作権料を徴収しようとしていることについてはどうなのか。

▼なぜかまた笑っている。権利者の利益になり、音楽文化が発展すると主張。

▼一方でJASRACと訴訟で戦う日下理事は音楽文化が衰退すると見解を述べる。

参考:【朗報】JASRACが訴えられることに。ヤマハ、河合楽器、島村楽器らがタッグを組んで訴訟団体を結成

裁判の争点になるのは、音楽教室で先生が生徒に対してお手本の演奏をするのが公衆向けの演奏にあたるかどうか。常識的に考えれば金目当てのJASRACが曲解して著作権料を巻き上げようとしているだけにしか思えない。

なにより宇多田ヒカルがタダで使ってほしいと意見を発したのが大きかった。

この後、宇多田ヒカルに続いて多数のアーティストがJASRACに反対する意思を表明したのだ。JASRACは権利者のためと説明するが、その権利者がタダでいいと言っている。これは裁判でも重要な判断材料となるだろう。

ただし著作権法に詳しい弁護士は裁判の行方について「五分五分」と話す。

裁判官が常識的な判断力をもっていることを期待するしかない。カスラックと言われてもなお自らの言行を改めないJASRAC。一般人がみんな間違っているという前提で半笑いで話す様子をみるに、今後もあくどい商売を続けていくのだろう。

あわせて読みたい→JASRACがやっていることを農業に例えてみた

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 演奏されることによって創作者は収入を得る。
    JASRACにとって演奏者が客である。
    客を敵視しては音楽産業は衰退する。

     
  2. 想像通りの、ナマぬるいジジイ顔だったな、JASRACの大橋という年収1500万。
    自分は何も作り出さずに利権にたかり続けるだけのこういう爺さんが他にも大勢いる。
    それがこのJASRACというクソ団体の実態。

     
  3. 著作権料が正しく分配されている…なんてとてもじゃ無いが信じられない。
    JASRACと飲食店などの商店の契約は包括的契約と言って、商店側が利益の数パーセントを払う事によって、JASRACが管理する曲が使い放題になる。放送局でも同じ契約を結んでいる。
    こんな契約で、一曲毎の内訳なんて詳細には出来ていないはず。

    今回の音楽教室に迫っているのもその包括的契約だ。
    音楽教室によってはクラシックなど著作権が切れている曲が主でJASRAC管理曲の扱いが少ない教室もあろうが、JASRACはそんな事は構わない。

    音楽教室やりてぇなら儲けから、ちっとばっかし差しだしな…
    まるでみかじめ料だ。

     
  4. 何をどう言おうがJASRACが前例のない徴収を
    繰り返すたびに目に見えて音楽は衰退したじゃん

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!