netgeek

7

JASRACさん、カスラックと呼ばれていることを知っていた

腹BLACK 2017年12月5日
 

JASRACの大橋建三常務理事が取材に応じ、世間から嫌われていることについて反論のコメントを行った。

すごく直球な質問のぶつけ方。

▼まず記者が質問。「カスラック」と堂々と言ってしまう。

▼笑い始めた?

▼悔しいらしい。自分たちは正しいことをしているのに…という心境。

▼権利者のためにフェアに仕事をしていると主張。カスラックと言う人はJASRACのことを十分に理解していないだけ。

▼では音楽教室からも著作権料を徴収しようとしていることについてはどうなのか。

▼なぜかまた笑っている。権利者の利益になり、音楽文化が発展すると主張。

▼一方でJASRACと訴訟で戦う日下理事は音楽文化が衰退すると見解を述べる。

参考:【朗報】JASRACが訴えられることに。ヤマハ、河合楽器、島村楽器らがタッグを組んで訴訟団体を結成

裁判の争点になるのは、音楽教室で先生が生徒に対してお手本の演奏をするのが公衆向けの演奏にあたるかどうか。常識的に考えれば金目当てのJASRACが曲解して著作権料を巻き上げようとしているだけにしか思えない。

なにより宇多田ヒカルがタダで使ってほしいと意見を発したのが大きかった。

この後、宇多田ヒカルに続いて多数のアーティストがJASRACに反対する意思を表明したのだ。JASRACは権利者のためと説明するが、その権利者がタダでいいと言っている。これは裁判でも重要な判断材料となるだろう。

ただし著作権法に詳しい弁護士は裁判の行方について「五分五分」と話す。

裁判官が常識的な判断力をもっていることを期待するしかない。カスラックと言われてもなお自らの言行を改めないJASRAC。一般人がみんな間違っているという前提で半笑いで話す様子をみるに、今後もあくどい商売を続けていくのだろう。

あわせて読みたい→JASRACがやっていることを農業に例えてみた

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 演奏されることによって創作者は収入を得る。
    JASRACにとって演奏者が客である。
    客を敵視しては音楽産業は衰退する。

     
  2. 想像通りの、ナマぬるいジジイ顔だったな、JASRACの大橋という年収1500万。
    自分は何も作り出さずに利権にたかり続けるだけのこういう爺さんが他にも大勢いる。
    それがこのJASRACというクソ団体の実態。

     
  3. 著作権料が正しく分配されている…なんてとてもじゃ無いが信じられない。
    JASRACと飲食店などの商店の契約は包括的契約と言って、商店側が利益の数パーセントを払う事によって、JASRACが管理する曲が使い放題になる。放送局でも同じ契約を結んでいる。
    こんな契約で、一曲毎の内訳なんて詳細には出来ていないはず。

    今回の音楽教室に迫っているのもその包括的契約だ。
    音楽教室によってはクラシックなど著作権が切れている曲が主でJASRAC管理曲の扱いが少ない教室もあろうが、JASRACはそんな事は構わない。

    音楽教室やりてぇなら儲けから、ちっとばっかし差しだしな…
    まるでみかじめ料だ。

     
  4. 何をどう言おうがJASRACが前例のない徴収を
    繰り返すたびに目に見えて音楽は衰退したじゃん

     
  5. はっきり言って
    JASRACはsongだろ?

    音楽は英語でmusicな!
    仮にAがアーティストだったとしても
    アーティストを保護してないし
    保護=saveだったら
    もはや 音楽無関係

    そもそも 音楽=お金 って考え方が酷い
    それに 近年のCDの売上が低下している
    根本原因はJASRACだと思う
    CD音源を使うのに 使用料を要求してくる

    それで 本気でCDを容易に買えるか?
    音楽を流したら 使用料だの 著作権だの
    問題が発生して
    裁判沙汰にもなる

    そんな状況で 誰が買うの?
    それなら ひと昔のレコードの方が
    著作権やらは 薄いはず
    だから 人気が復活したんじゃないか?

    それが原因で CDにオマケを入れないと売上が伸びない
    そういう現状が出来たんじゃない?
    現に ライブのチケットはかなりの売上が出ている

    JASRACのやってることは
    乱獲と同じ

    まぁ いつかお前らの金目当ての腐った思考回路に
    一石投じるから

    覚悟しておけ‼

     
  6. というか
    アーティストが作った曲を
    あたかも自分のモノ みたいに扱っているのが
    問題

    逆に言わせれば
    世界にある音 全てをJASRACが提供していて
    アーティストたちがそれを利用しているなら
    JASRACの言い分は分かる

    けど JASRACは一体何を提供した?
    音も音色も 実際は作曲者やアーティストが見付けたものでしかない
    中には このアーティストのこの音良いな
    このフレーズ使いたいな
    ってなって アーティスト自身が提供者になる場合もあるし
    根本を追求すると 楽器の製作所やその人が大元になる

    JASRACは別に楽器を製作しているわけでもない
    音なんか 提供すらしていない
    著作権がどうのこうの言うなら
    パクリの中国に 言うべきだろう
    そしてそこから 違反金をたんまり貰えば良い

    なのに 何故 音楽教室から?
    ノウハウを提供しているわけでもない

    これに対して一番分かりやすい例は

    オリンピック選手って
    本やマニュアルを読んでるだけで成れる?
    絶対なれないよね?
    それには トレーニングもあるけど
    自分で体験や経験するのが一番優る練習だよね?

    音楽も 楽譜のオタマジャクシ追いかけるだけで上達するわけがない
    コード進行も 紙に書いて教えても
    イメージは掴めないし
    ビートやテンポが違うだけでも 雰囲気は全然違う
    ピッチまで 加わったら
    全く別の曲になる場合もある

    この奥深さは 経験した者にしか分からない
    そして そこに 歌うとか 聴くとかの
    本当の楽しさがあるし
    それの方が 上達が早い
    楽しいから もっとやりたくなる
    上達したくなる

    いくらネットが普及しているとしても
    実際に教える音楽教室にしか出来ないことがある
    特に熱意とか 楽しさなどの 思いや意識
    また 生徒に合った練習方法を提供したりするのは
    ネットでは本人が求めないといけないし
    書き言葉でのやり取りになるから誤解を生む可能性がある

    それをお金で
    生徒のきっかけや可能性を消そうっていうのは
    音楽が好きな人なら許せないだろ?
    自分の私腹を満たそうというなら
    尚更 黙っておけない

    JASRACの会長は
    音楽界の金正恩
    独裁者ってこと

     
  7. たしかにジャスラックのやることは そこまでやるか? と思われると思う
    が、かすかす言ってる人たち自分で音楽作ったことありますか? それを勝手に使われて気持ちいいと思いますか? 私も昔作ったDTmで作ったものを勝手に使われていい気持ちはしませんでした やりすぎだと思う前に自分がその著作物をつくって自分に権利がある状態をイメージしてみて下さい カスカス言っている人のほうがゆるさんという方向に行くと思いますよ

    まあジャスラックも全部をまとめるのではなく音楽教室、教科書などへはその著作者に教育のために無償でいいですかとうながすくらいの度量がないと 今後ごたごたしかない

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!