netgeek

2

立川志らく「玉木雄一郎が代表なんておかしい。有権者は小池百合子に投票したんでしょーが」

腹BLACK 2017年10月28日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

元民進党議員らを手なづけたはずの小池百合子がまさかの飼い犬に手を噛まれる事態に。玉木雄一郎が希望の党の代表の座を狙っている。

選挙結果を受けて小池百合子に文句を言いまくる民進党議員。ついに辞任を要求する。

もしかするとはじめからこうするつもりだったのかもしれない。一度は信念を曲げて小池百合子の思想にあわせたふりをして選挙で当選した途端に手のひらを返す。事実上、用済みとなった小池百合子はもはや目障りな存在でしかない。

次の代表としては玉木雄一郎が有力候補だ。本人もやる気満々で、希望の党を民進党の色に染めていくと宣言している。

しかしこれで本当の意味で裏切られるのは小池百合子に期待して投票した有権者たち。要するに玉木雄一郎をはじめとする元民進党議員は自分たちが得することばかりを考えて国民のことを全く考えていない。小池百合子を代表の座から引きずり下ろせば、それはすなわち民進党と全く同じ。国民を無視したくだらない権力争いにはもはや呆れてしまう。

立川志らくはこの件について吠える。

立川志らく「玉木さんを推す声があるって…。玉木さんは民進党色を強めるって宣言している人だから(票を)入れた人は小池さんに対して入れているわけですから民進党色強めちゃったら『何なの!?』っていう。だから小池さんは民進党の人を入れずに地道にやればよかったのにっていう話ですよ。(代表が)玉木さんになったらおしまいですよ。」

恵俊彰「民進党以外の人って4人しかいないですよね」

立川志らく「まぁいないからしょうがないっちゃしょうがないんだけど…」

八代英輝「(要するに希望の党は)民進党なんですよ(笑)」

玉木雄一郎はすでに民進党の方針を受け継ぐと話しているから今後は「安保法制反対、憲法改正反対」を掲げるのだろう。そしてまたもや打倒安倍政権を目標に揚げ足取りを始める。

そもそも加計学園問題で明らかになったのは玉木雄一郎と日本獣医師会の癒着だった。

玉木雄一郎はこの癒着問題について逃げ回る一方でけじめをつけていない。ここで今一度指摘しておきたい。

上念司「しかも(加計学園問題を)追及してるのは違法な規制をやっていた文科省および獣医師会の仲間だった玉木さん。玉木さんは獣医師会から金を貰って違法な規制が正しいと主張をするような質問をしていたわけでしょ?獣医師会から100万円を貰って。ご自身もお父さんとか兄弟が既得権側でしょ」

居島一平「そっちのほうが完全な口利きですよね」

上念司「マスコミが既得権益の仲間をやってどうするのと。玉木さんは獣医師会からお金を貰って獣医師会が有利になるように質問した件についてちゃんと申し開きをしないと駄目ですよ。全然疑惑が払拭されてないのは玉木さんですよ」

居島一平「逆にそうですね」

上念司「これを追及しないってことは日本のジャーナリズム死んでます」

安倍総理の疑惑については野党が決定的な証拠を出すことができず、愛媛県の加戸前知事や国家戦略特区のメンバーが無実であると証言してくれたのが決定打となった。しかし玉木雄一郎の疑惑については客観的な証拠が出揃ったにもかかわらず有耶無耶にされたままだ。不自然なことにマスコミは一切報じようとしない。

そんな玉木雄一郎が希望の党の代表になるなどもってのほか。希望の党は国民にとっての希望ではなく民進党にとって希望という意味だったのか?

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. バカだね
    ほんと、小池、民進党の連中なんか入れずに地道にやりゃよかったのに

      

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!