netgeek

3

枝野幸男「残念でしたー!安保法制が違憲だなんて言ってませ~ん」→言ってる

腹BLACK 2017年10月25日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

立憲民主党を立ち上げた枝野幸男代表の発言が大きくブレている。過去の発言をなかったことにしようとしている。

即座にツッコむ橋本五郎が正しい映像。まさの枝野幸男はボケの状態。

違憲疑惑が持ち上がり扱いが難しくなっている自衛隊の存在について是非を問われた枝野幸男は、なぜか「国民や学者の間で意見が違うのはしょうがない問題」と中立の立場で話し始める。この時点で多くの人が違和感を覚えるだろう。なぜなら枝野幸男は元々、自衛隊と安保法制は違憲と主張していたからだ。

橋本五郎は即座にツッコむ。

橋本五郎「だって(あなたは)安保法制は憲法学者が反対しているから憲法違反だってこと言ってたじゃないか」

枝野幸男「私は言ってません」

橋本五郎「民進党は言ってましたね?」

枝野幸男「党の公式見解でも言っていないと思います。あのとき憲法の担当者でしたから」

国会の映像を振り返って見てみれば枝野幸男は明らかに安保法制が違憲だという立場で反対しており、また右上のテロップにも「安保法制 違憲論争」とつけられている。このような事実があったのに急に意見を変えるのは苦しい。

さらに枝野幸男はインタビューや会見でも安保法制は違憲だと主張している。

少し前までは必死に自民党の方針に反対していたのに、急に意見が変わったということだろうか。しかしそれにしても自分が何度も言っていたことを急に言わなかったことにするのは無理がある。

世論に反して枝野幸男が自衛隊の存在を違憲と捉えていたのは明白だ。堂々と嘘をつかないでほしい。

平気で嘘をつくといえば蓮舫と同じ。蓮舫の場合は後から白々しい作り笑顔で釈明するのが得意技だった。ホラッチョ枝野はどうするのだろう。国民が納得できるようにきちんと説明してほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 枝野の耳は、まぁ福耳なんだろうけども…ちょっと限度を越えてる気がする。見た目的に微妙だなぁ。

     
  2. よく聞いたら子供でも分かることなんですが。
    憲法学者の認識の話をしている流れで、
    「憲法学者が反対しているから違憲だ」なんて言ってない、というのが枝野さんが言ったことですよ。
    安保法制が違憲なのは当たり前。
    ブレる訳がない。
    ついでに言うと、枝野さんが訴えてきたのは「自衛隊は違憲だ」ではなく、集団的自衛権を前提とした安保法制が違憲だ、ということです。
    今まで言ってきたことも、今言ったことも両方歪めておいて、鬼の首を取ったように・・・

     
  3. 考えの改め方が甘いよね

    党が変わったからではなく
    私なりに勉強してみた結果
    国民の皆さんを守る為には
    この道だと思った次第です
    なので
    前回までの内容は ここで御詫びします

    ぐらいの内容があっても良いと思う
    やっぱり 有権者としても 誠実な人を選びたい
    死票踏みつけて立つんだから
    覚悟はしてほしい

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!